Xiaomi

MiBand5のグローバル版が届いたので開封します

今の所私はHuawei系のバンドを使い、親にMiBandをお願いし、MiBandの使い心地などをレビューしてもらっています。

先日中国のXiaomiが、MiBand5のChina版に続いて、グローバル版の発表と発売を開始しました。

その様子はこちらで執筆しています

届いたMi band5を開封してみたいと思います

箱が凹んでいますが、これは旅の疲れですね。
中国からシンガポールを経由し、日本に届いています。

そんなルートで飛行機に乗ったことも無いけど、本当長旅。
まさに旅の疲れもしっかり出ていますね。

そして、今回は交換用のバンドと、画面の保護フィルムも合わせて買っています。
ついていないバージョンと2~300円しか変わらなかったので、黒色以外のバンドが欲しく、フィルムはサービス価格みたいな物ですね。

開封します

同梱品

  • MiBand5本体
  • 充電ケーブル
  • 説明書

と言う感じです。

よく見てみよう!

実際見ると、MiBand4と変わらないかな?って言うサイズ感ですね。
一応スペック的には

Band4は「0.95インチのフルAMOLEDタッチカラーディスプレイ」

Band5は「1.1インチのフルAMOLEDタッチカラーディスプレイ」

0.15インチ=0.381cm画面が大きくなっているそうです

左がBand4の旧型、右がBand5の新型。
わかんない。

ちなみに交換用のバンドも同じものが使えます。

保護フィルムは意味あるかな?

2枚ついていましたが、1枚目は失敗しちゃいました。
とりあえずつけて、親にそのまま使ってもらおうと思います。

グローバル版は3言語からスタート

とりあえずセットアップは中国語2言語、英語に対応。
その他言語は、順次対応って書かれてありますね。

Band4の充電はとにかく使いづらかった

これ使っている親が悩んでいたことですが、2週間もつとはいえ、充電の度にすごく大変だったと言うことです。

Band5はマグネットでぴたっ!って電極同士がつくので、充電もやりやすくなりました。

セットアップで変わったことなどは次号となります。
まずは開封レビューなのでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください