Xiaomiが2020年日本に進出!FitbitからMiFitに切り替えて3ヶ月

この2019年Fitbitなどのウェアラブルデバイスのメーカーには、色々変化があり、2020年に向けて、色々変化がありそうです。

FitbitはGoogleに買収されました

Fitbitがどんな流れになるのか、想像も出来ません。

でも、Googleのグループ企業に入る事によって、今まで出来なかった、ハードとソフトのサービス面への拡大は期待できる物があります。

Xiaomiが2020年日本に進出

Xiaomiのスマートフォンといえば、日本でもすっかり知っている人も多いと思います。
そんなXiaomiっていう企業は、普通のスマートフォンメーカーだけではなく、中国本土では、アイディア家電など、色々な家電を発売しています。

Xiaomi Mi 9 RAM 6GB/8GB + ROM 64GB/128GB Snapdragon 855 MIUI10 6.39インチAMOLEDディスプレイ 4800万画素三眼カメラ搭載 スマートフォン 本体(グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応)

報道では、スマートフォンの進出がやっぱりメインのことですし、一番注目されています。
でも、報道によると、スマートフォンや家電も進出するとのことですので、スマートフォン以外にも、家電製品も進出するのでは無いかと思います。

AliExpress.com Product – TV Xiaomi Mi TV Android LED light Smart TV 4S 32 inch | Custo Xiaomi Zed Russian language | AliExpress.com Product – TV Xiaomi Mi TV Android LED light Smart TV 4S 32 inch | Custo Xiaomi Zed Russian language |

例えばテレビを販売していたり。
もう中国では、インターネット回線と連動して、ネットコンテンツを見るテレビが主流みたいですね。

AliExpress.com Product – (Liquid Optional ) Xiaomi Automatic Foaming Hand Washer Mi Home Soap Dispenser 0.25s Infrared Auto Induction Foaming Smart Home AliExpress.com Product – (Liquid Optional ) Xiaomi Automatic Foaming Hand Washer Mi Home Soap Dispenser 0.25s Infrared Auto Induction Foaming Smart Home

さらにこんなハンドソープの機械も販売する、中国では、Xiaomiグループとして、かなりの家電製品・日用品にまで製品の幅を広げています。

AliExpress.com Product – Original Xiaomi 10L Backpack Bag Colorful Leisure Sports Chest Pack Bags Unisex For Mens Women Travel Camping AliExpress.com Product – Original Xiaomi 10L Backpack Bag Colorful Leisure Sports Chest Pack Bags Unisex For Mens Women Travel Camping

さらにバッグも作っていたりします。

XiaomiといえばMi Band

私もMibande4とAmazfit Verge Liteを使い、すごく楽しんでいます。

Xiaomi製品のすごい所

とにかく質の高い製品が安く手に入ることですね。

2020年はMiFitかFitbitの変化に注目です

ということで、私もMiFitを使い続けて、ちょっと残念な点を確認してみたいと思います。

Fitbitといえばなどのウェアラブルデバイスに必要な機能

  • アクティビティの記録
  • スマートフォンとの連携
  • 身につけて違和感の無い事

こちらですね。

Mifitに出来てFitbitに出来ないことは…。

あまり思い浮かばないです

Fitbit に出来てにMifit 出来ないことは…。

あまり思い浮かばないです
でも、Mifit系に関して少し残念な点があります。

睡眠の記録です。
最近は小さい子がいるので、早めに床について、寝に行きます。おかげ様で朝まで、何度か目が覚めてしまい、朝を迎える習慣になっています。

1つ目の睡眠の記録はまともに記録されている方です

普段の睡眠の記録は、こんな感じです。
途中で目が覚めると、その間の間隔した睡眠したことになっていないのです。

Mifitの残念な点

睡眠時間から、1つ1つ分析してくれるのは、すごく素晴らしい機能なのですが、肝心の睡眠の記録だけがうまく測定出来ていないのです。

しっかりバンドを締め付けたり、ゆるく締め付けたり、色々バンランスを調整しているのです。

でも、うまく行かなかったのです。

それに比べ、Fitbitの方はしっかり記録が出来ます。

この睡眠時間だけしっかり記録出来るように慣れば、MiFitの方が2019年ウェアラブル端末は、最高って結果になるのですけどね。

先日、中国では2万円ちょっとくらいで、AppleWatchそっくりのXiaomiWatchを発表。
中国版ですけど、アプリがたくさん動作するみたいですね。