Fitbitの動向

Fitbitが同期しなくなった時の対処方法

この記事は 2016年8月26日に執筆した物を、2019年12月に最終編集した物です

そもそも同期しないとはどういう状況なのか?

  • スマートフォンでFitbitアプリを起動してもFitbitと通信ができない
  • アプリを起動していない時に同期しない。

この2つの選択肢が出てきます。

アプリを起動していない時に同期しない時は

近年スマートフォンには、起動させていないアプリの起動を解除・スリープ状態にする機能があります。

iPhoneの場合

設定 → 一般 → Appのバックグラウンド更新 に進みます。

  • Appのバックグラウンド更新にチェックが入っていること
  • Fitbitアプリにチェックが入っていること

確認してみてください

Androidの場合

下記記事にまとめてあります。参考にして見てください。

スマートフォンでFitbitアプリを起動してもFitbitと通信ができない

スマートフォンとFitbitはBluetoothと言う技術を使い通信をします。
コードでつながっていないのに、無線でデータをやり取りする素晴らしい規格なのですが、Bluetoothにも不安定な要素があります。

Fitbit Versa Lite

発売されているFitbitの Bluetooth のバージョンはすべて4.0を採用されています。
ちなみに記事編集時(2019年12月16日) Bluetoothの規格では、最新バージョンは5.0になっており、もうすぐ5.1へ行くか行かないかと言う所です。

ちなみにXiaomiのMi Band4は Bluetooth 5.0を採用しています。

バージョン
Versa24.0
ionic4.0
Versa Lite4.0
charge34.0
inspire4.0
ace24.0
aria2未公開

既存のFitbit端末のバージョンを見る限り、4.0を採用されており、4.0から大きく変わった点としては、 Bluetooth の通信に関する電気の消費が抑えられるようになりました。

私は技術者でもなく、あくまでも体験的な事からなのですが…。

Bluetoothは4.1以上で干渉問題を改善

4.1以上から
Bluetooth Low Energy に モバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能、が追加された

https://ja.wikipedia.org/wiki/Bluetooth

例えばBluetoothのワイヤレスイヤホンでも、4.2くらいからやっと使い物になるようになり、5.0になるとかなり安定するようになりました。

Fitbitの最大の欠点というのは、バージョンが4.0のままなのです。
Fitbitの技術者の方、予算なども色々あってのことだと思うのですが、やっぱりFitbitが4.0のままなので、どうしても通信が安定しないことがあります。

Bluetoothの不安定要因を排除しよう

自分はあまりそう言う体験が無いのですが、Fitbitが同期しなくなった時、みなさん苦戦されているようで、自分なりの対処方法を記録してみたいと思います。基本的にFitbitとFitbitアプリの間では、Bluetoothという技術を使っています。ぶっちゃけた話、Bluetoothってそんなものです。

歩数が更新されていないな?と思ったら、お手持ちのFitbitアプリを開けて見ます。

同期をしばらくしていない時、自動的に同期が始まりますよね?
始まらない時は、右上の○をタップして、同期を開始させます。

同期が出来ない場合、ここでエラーが表示されますよね?

同期が出来ない時の確認事項

  1. 電波の干渉を避けてみる

    Wi-Fiルーターから離れたり、スマートフォンのWi-FiをOFFにして、モバイル通信でFitbitサーバーと通信をしてみる。
     
     
  2. BluetoothのON・OFFを試してみる。

    スマートフォンの Bluetooth をON→OFF→ONへ切り替えて、 Bluetooth を再起動させてみてください。
     
     
  3. Fitbitアプリを再起動する

    Androidの場合、画面下の右側のボタン(履歴ボタン)をタップして、Fitbitアプリを横にずらすなどして履歴から消します。
    この後、メモリクリーナーなどでメモリを戻し、アプリの終了を確実なものにします。

    iPhoneの場合、センターボタンを2回押すと、アプリ一覧が開けます。Fitbitを上にす~っとスライドして、アプリを強制終了させます。
      
      
  4. スマートフォンの再起動
    もうよくわかんなや!って人は、スマートフォンの再起動です。

ここまでやっても!!!!

再起動しても、Fitbitが同期するようになることは意外と少ないかもしれません。

でも、Bluetoothの4.0をFitbitが採用している限り、この通信の不安定要因は、解除することが難しいかもしれません。

Bluetooth ってそんな物です!

って心粋が必要なのです。

私が何やっても同期しない時やっていた対策

Windows10を使っていました

ノート型パソコンでも、デスクトップパソコでもBluetoothに対応しているか確認してください。

Bluetoothに対応していない Windows10 でも、↓のBluetoothアダプタを使えば通信ができます。

本当中華メーカーで大丈夫です。
させば自動的にインストールされ、WindwosでもBluetoothで使えるようになります。
WindowsストアからFitbitアプリをインストールしますと、ドングルを認識し同期することが出来ます。どこまで参考になるか分かりませんが、是非ご活用頂けましたら幸いです。

https://www.microsoft.com/store/productId/9WZDNCRFJ1XX

Windows10のFitbitアプリを経由することで、仕事中、作業中に同期させる事も可能です。

POSTED COMMENT

  1. ここちゃん より:

    ヤフーSHOPの※※でFitbit3を買ったのですが、同期出来たけれど、電話やメールの通知が来なくてFitbitに問い合わせたところ、
    AQUOSとの互換性が無いと言われました。
    買ったところに言うと
    「それは、お客様がちゃんと調べてから買わないから悪い。手数料と、5%で1900円引いて返金するとのこと。」Androidがいけるというので買ったけれど、普通、皆さん買うときそこまで自分で調べますか?
    買うときに互換性云々とは書かれていませんでした。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      ええ??
      AQUOSとの互換性はない?!ってサポートから言われたのでしょうか?何か勘違いされているような気がします。
      もしかしたら、本当の機種名はAQUOSではなく、「AQUOS ○○」ですよね?
      「動作確認はしていない」という類の回答だと思うのですけど・・。

      Fitbitが公開している既知の問題にもAQUOSの文字が1つもないんですよね。
      https://help.fitbit.com/articles/ja/Help_article/1345

      フラグシップモデル以外のスマホを使っている時は、おそらくどんな機器とも接続に関しても、注意が必要かもです。

      ※ショップ名は伏せ字にさせていただきました。

  2. kazu より:

    記事の提供ありがとうございました。
    おかげさまで、解決しました。
    ちょっとのトラブルが起きると、
    解決までにまた何時間も取られると
    対処する前からうんざりしますが、
    ここのサイトにたどり着いて、
    30分程度で解決することができました。

    また、ブルートゥースへの心構えも
    知ることができ、心の安定に役立ちました(笑。

    ありがとうございました。

    • 管理人 より:

      ご参考になったみたいで、こちらも嬉しく思いますよ~
      なかなか安定しない通信みたいですし、気を落ち着かせて対処ですね。

  3. 000 より:

    GARMINを4~5年ほど使用して同期なんて問題にならなかったのですがFitbitはことごとくダメなんですよね…
    ポケGOと同期しやすいFitbitに完全移行したいのですがいまだ停滞中
    Zenfoneシリーズじゃダメなんですかね。

    • 管理人 より:

      Zenfoneは私初期の頃のZenfone2を使っていましたよ。
      FitbitやZIPかな?使っていましたが、一応同期していました。同期しないと本当イライラしちゃいますよね…。
      再起動したり、アプリの再インストールなど気長に繰り返しですかね…。

  4. 高橋和子 より:

    ベルトを換えたら動きません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください