実体験の記録

Fitbitから切り替えて1ヶ月MiBand4とAmazfit Verge Liteを使ってみたわかったこと

すっかりXiaomi系のMiBand4が様になってきている今日このごろですが…。この値段でこれは本当便利です。

FitbitからMifitへ切り替えて1ヶ月困ったこと

正直1つもありません。

1つあげるのなら

私時々睡眠が不定期になることがあって、昼寝をしたり、極端に夜の睡眠が短いことがあります。

  • 日付を超える前に、起きてしまった睡眠は記録されない。
  • 昼寝は記録されない。

そんなくらいでしょうか?
正直睡眠の記録に関しては、Fitbitの方が正確に計れました。でも、だいぶMiBand4も睡眠が正確になってきており、なにか私にあったデータで調整してくるのかも?

MiBand4とAmazfit Verge Liteの違いは?

MiBand4とAmazfit Verge Lite
MiBand4とAmazfit Verge Lite

これはFitbitよりも、すごいと思った所は、アラーム・アラート・気象情報・通知などの各種設定が、アクティブ化の切替で、みんな移動するのですね。
なのでその都度使っているデバイスはこちら!って切り替える手間があるものの、申し分ない切替のしやすさです。

基本的にはAmazfit Verge LiteもMiBand4も変わらない機能です。でも、それぞれの利点をあげるのなら…。

MiBand4の良い所

GPSはスマートフォンと連動して記録する必要がありますが、高度などもしっかり記録される点。

これAmazfit Verge Liteでは、位置情報は記録されるけど、高度が記録されないのです。

Amazfit Verge Liteの良い所

Amazfit Verge Liteで記録すると、このような高度関係の情報は出ません。

画面が大きくて、GPSが内蔵なので、スマートフォンがなくても、アクティビティを記録することが出来ます。アラーム・通知などの文章がわかりやすいです。

やっぱり時計って感じのデザインなので、いろいろな服装にもピッタリですね。

結局Amazfit Verge Liteはお出かけ用になっています

先日Amazfit Verge Liteの交換用のバンドとカバーを買っちゃいました。
これがかなりいい感じに仕上げてくれるのです。

ベルトの交換は、止め具の金具を引っ張りながらセットですね。
ちょっとここがFitbitより、手間がかかります。

全体がシルバー調の時計でしたので、ベルトを交換すると、こんなに真っ黒になっちゃって、カバーが逆に目立ちますよね。

そこで…。

カバーも装着できるのですよ。
これで真っ黒な時計になりました。

ますますいろいろな服装でも合わせやすいかな。

でも、1つ欠点があります。
このカバーを付けていると、充電が出来ないのです。
その都度付けたり外したりする必要があります。

とにかく有機ELFディスプレイは見やすいですね。

なので余計このカバーがあると、ディスプレイの傷つき防止になって、必要かな?って思いつつ、使ってみたいと思います。

MiBand4とAmazfit Verge Liteはこんな風に味付けして楽しんでいます。

Fitbitの半額以下で色々楽しめるのがMiFit系の良い所ですね

http://s.click.aliexpress.com/e/cmTYjqC0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください