Huawei

Huawei Band6のバッテリーの持ちは?ベルトは交換出来るのか?

私が2021年一番愛用することになりそうな、Huawei band6についてです。

今年はかなり早い梅雨入りだったのですが、そのためか、梅雨の中休みって言うのでしょうかね?お天気の良い日と雨の降る日が交互にやってきますね。

日頃から運動する方には、非常に嬉しい状態なのですが、今年の梅雨明けはいつになるのでしょうね。

今日はそんな運動のアイテムとして、私がいつも使っているHuaweiのband6ですが、購入してそろそろ1ヶ月ですかね。

個人的にこの夏のリストバンド型のスマートウォッチとしては、ミドルスペック以上のスマートフォンを使っている人におすすめNo.1のモデルだと思っています。

スマートフォンを

Huawei Band6のバッテリーの持ちは?

日本のHuawei公表値は2週間となっているみたいです。

HUAWEI Band 6は、通常使用で2週間のバッテリー持続時間を実現。 ※2週間は、24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリングON(HUAWEI TruSleepOFF)、メッセージ通知ON(1日平均50メッセージ、電話6回、アラーム3回)、1日に200回画面表示、毎週30分のワークアウトをした場合のファーウェイラボのテスト結果を参考にしています。

Amazonの商品ページ紹介:HUAWEI スマートウォッチ Band 

でも購入時のセラー側の公表値は最大12日となっております。
上の設定には、睡眠測定がOFFとの事ですので、活動量計として使う場合となっております。

実際にはもう1つの製品

HUAWEI Watch FITより気持ち早めになくなる感じで、スリープの記録もしていると、10日前後だと思われます。

基本的に1週間も我慢出来ないので、必ず50%前後になると、その日のうちに充電しちゃっています。

さて本題はバンドの交換です

もともとメーカーが準備しているカラーリングは以下の種類ですよね

  • サンライズ
  • グリーン
  • ピンク
  • ブラック

グリーンを購入したのですが、個人的にはもう少し浅い色が好きなのですね。

さてこの時計はバンドの交換が可能かな?

よく見ると本体部分とバンド部分のつなぎ目にカバーがありますよね。
最近のリストバンドの特徴でもある、ホッチキスの針の形をしたプラスチックみたいなので、ロックして固定してあります。

こっちですね。
FITのときにもついていました。

どうやらバンドの交換は出来るみたいです。

せっかくなのでバンドを発注してみました

Huawei band6の交換用バンドページ

Aliexpressから購入すると2週間~1ヶ月~1.5ヶ月くらいは覚悟が必要ですが、こんなに色路なバンドが販売されていました。

多く色新シリコーンの腕時計ストラップhuawei社の名誉バンド6スマート時計バンドの交換ブレスレットhuawei社バンド6調節可能な

今回はこちらのお店から購入することにしてみました。
1ヶ月は覚悟が必要な配送方法ですが、10色のバンドが揃っています。

何より1個送料を加えても200円でお釣りが来るのですから、試しに買うのもありですよね。

あと、固定用のフックもちゃんとついているみたいです。

色々なバンドを探す際注意する点

上の商品はもちろんメーカーのバンドでは無いので、メーカーの保証が受けられなくなる可能性もあります。
もともと海外から購入したHuawei band6なので、その点はあまり気にしていませんが、色々な社外メーカーのバンドを探す際の注意点があります。

こちらで再現してみました。

わかりますかね。
ベルトを締めて、余った部分。本来は腕の外側に回す物なのですが、従来の時計タイプではない場合、スポって入れるだけのベルトの場合、残念ながら内側にいれる事があるのですね。

この内側に余ったベルトを入れるタイプは、皮膚に擦れやすく、かぶれる可能性があります。ご注意ください。
私もはじめは良かったのですが、少し炎症を確認したので、使うのは辞めました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください