Xiaomi

Miband5グローバル版の日本語化は期待できないかもですね

8月のXiaomiの発表会にて、Miバンド5の日本発売も発表され、Amazonなどでは【日本正規代理店品】と言うMiBand5はまだ、発売・予約を受け付けていません。

グローバルモデルは、すでにAmazonでも購入することができます。
Xiaomiの管理アプリが日本語化しているので、だいたいの人なら、使う事にこまる点は無いと思います。

グローバルモデルの使い心地

現在MiBand5を使っている親なのですが、手には離すしっかり身につけ、歩数などの管理をしています。

屋外サイクリングがちゃんと記録されている通り、自動アクティビティのは判断もできるようになっています。
でも、精度の方は、今一つっぽい。

自動じゃないけど、手動でストレスを測定する機能は、それなりに気に入っているみたいです。

グローバルモデルの日本語化

Amazonの方に、9月中に日本語化がやってくると言う口コミが書かれてあり、とりあえず確認する意味を含め。挑戦してみました。

MiBand5のアップデートを確認します。
残念ながらアップデートが始まりません。

スマートフォンを英語にします

スマートフォンの言語を日本語から英語に切り替えます。
もう一度、MiFitを起動させます。

MiBand4のときは、これでアップデートが降ってくることがありました。
残念ながら、今の所MiBand5のアップデートは来ていないみたいです。

MiBand5のグローバルモデルに日本語は来るのでしょうか?

MiFitの方から、MiBandの言語を切り替えることが出来るようになりました。
しかし、このリストに日本語が入っていなく、対応するならMiFitとMiBandのアップデートが来ないと、MiBand5のグローバルモデルは、日本語にならないような気がします。

でも節約できちゃう所が困っちゃう選択肢

Xiaomi miバンド 5 バンド 4 グローバルバージョンスマートバンドカラフルな画面心拍数フィットネストラッカーbluetooth 5.0 防水Miband5

アリエクのグローバルモデルは、送料含めて4,000円くらいで購入ができます。
Amazonでも4,500~5,000円くらい。

その相場を考えると、公式代理店の日本語版は6,000円前後くらいでしょうか?
されと1,000円、されど1,000円。

皆さんはどちらを選びますか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください