実体験の記録

HuaweiヘルスとAmazfit系「Band」の24時間ストレスチェック機能を比べてみました

中華系リストバンドのAmazfit band5とファーウェイのHuawei band6を使って、それぞれのストレスチェック機能がどのように記録しているのか、見比べてみました。

今回「Amazfit band5」は親の結果、「Huawei band6」は自分の結果ですが、それぞれのみやすさなど、計測の頻度を確認してみました。

Huawei band6は「Huaweiヘルス」アプリ、Amazfit band5は「Zepp」アプリを通して確認した日です。

当日のストレスチェックの結果表示の違い

Amazfit band5
Huawei band6

まずは当日のストレスチェックの確認ですね。
Amazfit band5も、Huawei band6も基本的に動いている時は、計測が出来ない時があります。これは心拍数などの動きを見ている為だと思いますが、椅子に座ってじっとしている。ゴロゴロしている時のみ計測している証でもあります。

それぞれ…。

  1. リラックスル状態
  2. 正常

と言う4段階で計測している事は全く同じです。
Huaweiの方は、その結果を、荷文章している為、文面好きな方には、さらに現状を理解しやすくなっていますね。

1週間のストレスチェックの結果表示の違い

Amazfit band5
Huawei band6

お次は一週間の統計を見た時です。

一週間の表示に切り替えると、Amazfit band5は、ストレスの上限と下限を棒グラフして見せてくれます。HuaweiBand6の方は、1日のストレス平均の変化を折れ線グラフにしている所ですね。さらに文章で分析している所も、またすごく先週同様と言う分析をするなど、先週の結果を見た、分析もしています。

1ヶ月のストレスチェックの結果表示の違い

Amazfit band5
Huawei band6

1ヶ月の結果は、1週間の結果と同じく。一週間の表示に切り替えると、Amazfit band5は、ストレスの上限と下限を棒グラフして見せてくれます。HuaweiBand6の方は、1日のストレス平均の変化を折れ線グラフにしている所ですね。

AmazfitとHuaweiの違い

ストレスチェックをした時に、Amazfit band5とHuawei band6を確認しますと、Amazfitの「Zepp」は、それぞれのデータを統計で見せてくれるのだったのに対し。Huaweiは独自の文章で解析結果を表示・アドバイスをしてくれる所です。

定型分でもありますが、ある種分析・統計した数値を見るだけじゃなく、それを文章にして、何をしたら良いのかを教えてくれる為、Huaweiのストレスチェックの方が、さらに役立てることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください