Fibit ionic 1年使って使う機能・使っていない機能

10月に入ってIONICのアップデートが来ましたね。
FitbitOSも日々進歩しつつも、もうIONICがアメリカで発売して、1年が経過しておりました。

 

 

私がアメリカのAmazonでFitbit Ionicを購入して、もう1年が経過しました。

Fitbit ionic をアメリカアマゾンで購入したので開封してみます

気がつけば早いもので1年以内にIONICの画面がポロッと外れたり

Fitbit Ionicがやっぱり故障!画面がポロッと外れてしまいました

 

本当保証期間中に壊れてよかった?!って感じでもあります。

 

ウェアラブルデバイスは2年持てばいい方かな?ということで、きっと1年後には、IONICの後続機種が登場すると思います。

 

そこでIONICを買って使っている機能、使っていない機能をまとめてみました。

 

使っている機能

スマートフォンの通知機能

やっぱりこれが一番うれしいかな?今、ちょっと訳ありでスマートフォンの通知音を消しています。
サイレントで教えてくれるFitbitの通知機能は、身につけているからこそできる、バイブによる振動で、本当わかりやすい。

時々通知が来ないってこともありましたけど、今の所大丈夫です。

 

アラーム機能

2番目に使っているのは、アラーム機能です。

目覚まし時計の代わりや、日々の生活でちょっと決まった時間に、やりたい時に、アラームをセットしています。

16:45分は仕事中こっそり鳴るのでで助かります。

 

アクティビティの記録

アクセストラッカーの使命!アクティビティの記録ですね。GPSも内蔵されているので、ウォーキング前、ランニング前にスマートフォンと連動出来ない?!!って焦る心配もありません。

始めると勝手にブルルってGPSの即位が完了した事も通知してくれるのですが、もうGPSはさほど気にせず記録することが出来ます。

 

ここまでは本当上位機種ではなくても、チャージ3でもついている機能ですね。
でも、チャージ3の場合は、GPSが内蔵されていないので、Bluetoothの調子が悪いと、ちょっとイライラしちゃいますね。

 

そんな感じで、今度は逆に・・・

使っていない機能

音楽プレーヤー

一応ウォーキングとか少しは音楽を楽しみながらウォーキングしています。

でも、今ほとんどスマートフォンからのストリーミング再生なので、わざわざMP3をIONICに転送したいと思わなくなっちゃいました。

MP3の転送が面倒です。

はじめのうちはお気に入りの曲のMP3を転送して、IONICで聞いてみたりしましたけど、次々変わりゆく曲のマイブームに、ストリーミングのほうが楽です。

 

  • コーチ
  • リラックス
  • 天気
  • ウオレット

と言う感じですね。

天気予報は、これで出すくらいなら、スマートフォンの天気アプリのほうがわかりやすいですし、雨雲レーダーとかもスマートフォンの方が見られます。

リラックス機能は便利なのでしょうけど。。。

コーチ機能は、Runtasticのコーチアプリを使っってて、あと腕に巻いて、1つ1つ簡素な絵で確認しながら、トレーニングって、意外と分かりづらかったです。

ウォレットはNFC決済がお店側が対応しつつありながらも、日本では使える金融サービスがなくてね。

 

と言う感じで、IONIC発売後1年で、使っている機能、使っていない機能を別けてみました。

 

思った程アクセストラッカーは、シンプルがいいのかも?

個人的にはGPS内蔵と血中酸素濃度に期待したのですが、未だに血中酸素濃度も、センサーついているけど、うまく使いこなせていないみたいですね。

Fitbitの進化はまだまだ期待出来つつも、その情報の使い方では、あと一歩残念な所があるのかな?と思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください