Fitbit ionic をアメリカアマゾンで購入したので開封してみます

10月1日より「Fitbit ionic」がいよいよ発売を開始しました。

日本での販売は、まだ未定となっておりますが、アメリカのアマゾンから、直送にて購入することが出来ましたので、開封レビューをしてみたいと思います。

 

ちなみに…。
早くも299.95ドルの時もあれば、299ドルの時もある、アマゾンの価格のダンスと言う揺さぶりが見られています。

もし、購入される方は、安いタイミング見てくださいね。

 

本当は2か月くらい前から予約をしていたのですが、支払い方法を通常のクレカから、ドル対応のデビットカードに変更しましたので、日本時間10月2日に購入です。

アメリカアマゾンの一番高い配送方法をチョイスしました。
i-parcelさんの方法では、もう首が長くなっちゃうので…。

 

到着までのトラッキング

日本時間10月2~3日の深夜に発送を開始

日本時間10月4日関空に到着。

日本時間10月5日通関。

日本時間10月6日関空から地元のDHLへそして、佐川急便さんへ

日本時間10月7日到着。

やっぱり一番高い方法で注文すると1週間かかりませんでした。
月曜日に注文したと言うのもありますけど、週末を挟んじゃうと、もう少し掛るかもね

 

Fitbit ionicの開封

外箱はこんな風です。
もちろんアメリカ向けの製品ですの英語ですね。

フライヤーの宣伝もあります。

いつも通り見慣れたマークと機能の説明。

 

Fitbit ionicを開封してみます

こちらの裏側のフィルムをめくると、パリッと引っかかっていたところが取れます。

そして、内箱をスライドして、Fitbit ionic を見ることが出来ますね。

 

Fitbit ionicの内容

内容物は…。

  1. Fitbit ionic本体
  2. Sサイズのバンド
  3. 説明書
  4. 充電ケーブル

と言う感じです。

何度はSサイズとLサイズの両方が入っていますので、ワンタッチでバンドを変更することが出来ます。

 

余分にバンドを注文する事も可能です。

オプションで色々なバンドと交換することができるみたいです。

 

 

充電はマグネット式

充電ケーブルの先にはマグネットがついています。

SONYさんのXperiaの充電方法と同じですね。

充電する時はこんな風に接続します。

USBはスマートフォンのアダプタやパソコンと接続して、充電することが可能です。

現在電池切れの時間を見ていますので、少しずつレビューしていきますね。

 

 

Fitbit ionic をアメリカアマゾンで購入したので開封してみます” への3件のフィードバック

  1. 当方もamazon.comから購入して、14日に届きました。これから使い倒そうと思いますが、一つ不具合?が…
    時計のカレンダー表示が10月月15日見たいに表示されるんですよね 困ったものです。

    1. コメントありがとうございます。
      無事に到着されましたか…。 
      私も同じくです…。 月月ってなりますよね。
      あと、他にも少し気になっている所がありまして…。やっぱり日本版が登場するまで、我慢ですね~

  2. いつも楽しく読んでいます。
    Blazeが気に入っていて買い換える気は無いのですが、やはり新型は気になります。GPS内蔵なので、スマホ無しでも距離や経路がきちんと記録出来たりするのでしょうか?でもそうなると電池の持ちや測位するまでの時間も気になります。大きさも少し大きそうに見えますが使い勝手はどうなんでしょう。
    レビュー楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です