Huawei

ファーウェイ スマートウォッチ日本でも正式に24時間のSpO2血中酸素レベル測定機能を発表

2021年1月15日Huaweiが「HUAWEI WATCH FIT」において「1.0.3.16」のファームウェアのアップデートに関してのお知らせを行いました。

1.0.3.16のアップデート内容

  1. Adds support for automatically measuring your SpO2 level periodically.
  2. Introduces a feature for manually splitting outdoor running workouts.
  3. Adds support for displaying data about your environment including the moon phase.
  4. Adds the ability for the watch to detect new updates.
  5. Optimizes the algorithm for determining activity intensity.

グローバルサイトからの情報なので英語となりますが、日本語で説明すると以下の通りです

  1. SpO2レベルを24時間定期的に測定します
  2. 屋外ランニングワークアウトを手動で分割する機能を追加
  3. 時計のデザインで新機能を表示出来る機能の追加
  4. 時計側がアップデートの通知を検出出来る機能の追加
  5. 活動強度のアルゴリズムの見直し

ということです。

それに合わせて日本のHuaweiでも、以下の発表がありました。

日本の発表内容

本アップデートにより簡単に血中酸素レベル測定が可能になり※1、現在ご使用中のお客さまの利便性を更に向上させ、より快適にご利用いただくことができます。血中酸素レベルは、24時間リアルタイムでモニタリングすることができます※2。また、一部機種は血中酸素レベルが低下した際にアラートでお知らせする機能も搭載しています※3。アップデート対象商品は「HUAWEI WATCH GT 2」、「HUAWEI WATCH GT 2e」、「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」、「HUAWEI WATCH FIT」です。

ファーウェイ スマートウォッチ、 ソフトウェアアップデートにより血中酸素レベル測定機能※1を追加!

ということで日本版Huaweiのスマートウォッチでも対応を発表しています。

アップデートの時期

1月下旬以降順次~1ヶ月くらいかけて

  • HUAWEI WATCH GT 2 Pro
  • HUAWEI WATCH FIT

2月上旬以降順次~1ヶ月くらいかけて

  • HUAWEI WACTH GT 2
  • HUAWEI WATCH GT 2e

ということです。

3月に入るまでにHuaweiの今売り出されているスマートウォッチに、SpO2の血中酸素のレベルが24時間でわかるようになるそうです。

まだ私のHuawei FITにもGT2にも降ってきていないので、首を長くして待っています。
また、アップデートが降ってきたらお知らせします。

今後のステップアップ

一部中国バージョンの製品にて運営されている機能とのことですが、今後以下の機能が搭載される可能性があるそうです。

  • 夜間の呼吸モニタリング

夜間の呼吸モニタリングとは?

睡眠時無呼吸の症状が出るユーザーに対しての検知機能だそうです。
まだ無呼吸に関するスマートウォッチに検知機能を取り付けているサービスはあまり聞いた事がなく。

既存のセンサーだけで、こういう機能が追加されていくことは既存ユーザーにも嬉しいことですね。

今後のアップデート対応機種

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください