Huawei

同期しない事なんて無い中華製!GPS無しHuawei band6に切り替えてよかった点

先日から使い始めてもうすぐ2週間くらいのHuawei Band6ですが、私の場合、以下のように切り替えてみました。

私の使用履歴

  1. Fitbit ZIP
  2. Fitbit Charge HR
  3. Fitbit Blaze
  4. Fitbit Ionic
  5. Mi band4
  6. Amazfit Verge Lite
  7. Huawei band 5
  8. Huawei Watch GT2
  9. Huawei Watch FIT
  10. Huawei Band6

という順番で今に来ています。一時期は大きな時計・Watch系に興味を持ちIonicからはスマートWatchというジャンルを買い始めました。

シャオミ系やHuaweiに切り替えてよかった点

とにかく同期失敗が無い事です。
あと、お手軽な価格で意外と質が高い。

Huawei band6に切り替えた事での変化

メニューはWatchFITと比べると小さくなったけど、丸いアイコン付きでわかりやすくなりました。
でも、私の場合あまり時計のメニューを触ることはなく、いつもスマホのアプリで見ています。

24時間Spo2やストレスチェック心拍数測定可能

Huawei band6の場合、心拍数やストレスの測定は時計でも確認ができますが、SpO2の24時間測定の結果はアプリのみとなります。

自分の使い方なのですが、基本的にはアプリしか見ないので違和感は無いです。

GPS機能無しWatch FITからBand6に切り替えた理由

そもそも私の使い方なのです。
ランニングなど外へ走りに行く時は、最近はインターバルという歩いて・ジョギング・さらに走ると言う運動をやっています。

これはVp2maxを向上させたいからですね。

Huawei Watch GT2やFITにも、時計に↑のインターバルコーチ機能がついています。
でも、問題は時計を使った場合、Huawei Watch GT2は音声によるコーチ機能がついていましたが、Huawei Watch FITはヴァイブレーションのみの案内で、とても分かりづらかったのですね。

スマホと時計を活用した運動へ

ということで、結局アプリのコーチ機能を使い。ワイヤレスイヤホンで聞きながら、ジョギング・ランニングのタイミング、実際に速度が遅くなっているのなら、「もっと走って!」と言うアドバイスも聞けます。

結局スマホを使うんだったら、時計にGPS機能は要らないな!って事になったのですね。

ここで問題です。いわゆる中堅クラスのミドルスペック・上位クラスのハイスペックスマホであれば大丈夫なのですが、低スペック・格安スマホの場合は、GPSの機能が安定していない機種もあります。

スマホと時計を活用した運動をするなら、ミドルスペック以上のスマホは必要です。

Huaweiもシャオミ系の場合もスマホとの連携もうまい

Fitbitは同期が安定しないのでね。
アプリのインターバル走行をセットしスタートすると、時計の方も連動して脈拍・歩数などをカウントし始めます。

位置情報のみスマホのGPS。

コーチはスマホ経由のワイヤレスイヤホンでコーチをしてくれるのです。

1つ残念なのは、コーチが英語で有ることなのですが、なんとなくわかる程度で、がんばって走っています。

そのため、Watch FITのGPS無しバージョン、Huawei Band6になっていい感じになったと思っています。
ごつすぎると、とにかく細かい作業の時に邪魔ですし、寝る時も結構邪魔でした。

そういった大きさ・スマホを利用する。ことを前提にするのなら、Huawei band6はとてもバランス取れた機種でもありました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください