2023年スマートウォッチに追加を求めるならやっぱり血圧機能

2023年も始まりましたが、皆さまは新年を楽しく迎えることができましたか?
今年のお正月もまったりと始まった感じです。

もう正直これと言う機能追加が見込めなくなったスマートウォッチですが…
今の所壊れたら買い換えれば良いのかな?と言う感じでもありますね。

2023年追加して欲しい機能(広まって欲しい機能)

血圧測定機能

オムロン 上腕式血圧計 HEM-7120シリーズ

オムロン 上腕式血圧計 HEM-7120シリーズ

4,479円(02/01 05:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

やっぱり一番気になるのは血圧計では無いでしょうか?
歳を重ねると血圧の結果がきになる物で、どうしてもお医者さんも気にする数値の1つでもありますよね。

でも、血圧計ほど導入が難しいのも事実。

オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900Tシリーズ HCR-6900T-M

オムロン ウェアラブル血圧計 HCR-6900Tシリーズ HCR-6900T-M

91,680円(01/31 17:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

オムロンが光センサーで血圧を測定できる製品を生み出しましたが、レビューを見ると、やっぱり正しく測れないと言う結果になります。また、カフ式の時計をHuaweiが中国で販売しています。

Huawei-男性用のオリジナルの時計,血圧と強力なバッテリーを備えた心拍数モニター

カフ式のスマートウォッチを販売しております。
こちらの制度は、実際のカフ式の血圧計と同じ仕組みのため、オムロンよりは安定しているみたいです。

でもそもそも血圧って不安定

実際に血圧計で日々の血圧を測定している人、医療関係者の人でもわかると思いますけど、血圧ってそんなに安定しない数値の1つでもあり…。
だから平均で統計を見るしか無いって感じでも…。

医療器具に当たる製品になるので、国単位で許可を取る必要もあり、そんな手間隙をかけて販売して、その国単位で元が取れるのか?と言うスマートウォッチ業界そのものの心配ごともあります。

もう1つ求めるなら電子マネー機能

実際もうFitbitはSuicaの追加が正式にできるようになりました。
HuaweiやXiaomiにも中国で使えるNFC切符ではなく、Suicaに対応して欲しい所ですね。

スマートフォンのQR決済のお陰で正直楽天EdyやQUICPayのような電子マネーまで対応しなくても良さそうな時代になりましたが、電車の乗る時のSuicaは便利でもあります。

どんな製品が生み出されるのか?!

今後の展開が全く読めなくなりましたが、2023年も使い続ける製品であることは事実です。

本年はXiaomi Watch S2に移行しようか悩んでいますけど、Huaweiの製品の安定性もやっぱり良い面だと思っています。

2023年新製品がまだ先になりますが、見ていきたいと思います。

その他

Posted by かぴばら