Xiaomi

Mi Band5の改良版Amazfit Band5に切り替えてみました

先日無事に届きましたAmazfit Band 5ですが、さっそく親に渡し、使ってもらう事にしました。
そのため、親がMiband5からAmazfit Band 5への移行をしています。

Amazfit Band5とMiband5を比べてみました

左側が今回購入したAmazfit Band5ですね。
右側が約半年使っていたMiband5になります。

もうほぼ外見は同じです。

うれしい事に、Miband5・Miband4のバンドは、Amazfit Band5でも使えます。
色々社外製のカラフルなバンドを購入していたので、Amazfit Band5でも使えるのは嬉しいですね。

未セットアップのAmazfit Band5

国際郵便に決まりがあり、ある程度バッテリーを減らした状態で発送することが義務付けられています。
購入したものは、3割くらいかな?充電が残っている状態でした。

タップすると、すぐに言語の選択画面になります。
日本語は下の方ですね。

さらに日本語をタップすると、「ペアリング」して下さい。と言う案内が出てきます。

試しに、Mibandで使っていたMiFitアプリでペアリングさせてみましたが、ダメでした。

新しいフィットネスアプリに切り替えます

MiFitアプリは使えないので、Amazfit用の管理アプリ「Zepp」にお引越しです。

過去のデータとかは無理っぽい?

ZeppのデータはMiFitで見られるとの事でしたが、私やらかしてしまい。MiFitの親のアカウントを忘れてしまい、「Zepp」で新しく作り直す事にしました。

親いわく。当日のデータしか見てないから、過去のデータは要らないとの事です。

ペアリングは比較的にスムーズに出来ました。

ペアリング後の「Zepp」画面

Mifitがオレンジ色ベースなのに対し、「Zepp」は青色ベースですね。

ペアリングが完了すると、すぐにフォントの更新中ということで、フォント関係のアップデートが来ました。

これが10分くらいかかったかも?

今回はペアリングまでの記事となります。

今回の移行して良かった点(使う前)

Miband5はストレスチェックを起動しないと、ストレスがわからなかったけど、24時間常時ストレスが測れると親に伝えた所。

喜んでいました

日本語での案内になり、わかりやすくなりましたが、親の年齢では画面が小さい事が、まだまだ難点のようです。

最後になりますが、Miband5の充電器もそのまま使えます。

次号では、1週間使ってみた結果など、日本語では動かない機能もあるみたいですので、その辺りお伝えしたいと思います。

AliExpress.com Product – Amazfit Band5 Fitness Tracker with Alexa Built-in/Blood Oxygen/Heart Rate/Sleep Monitoring/Women’s Health Tracking/Music Control

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください