HUAWEI WATCH GT 2eマイナーチェンジ版が発表されました

スマートフォンの業界と合わせて、スマートウォッチの業界もだいぶ激しい戦いが始まっていますが、スマートウォッチにも出来ることが、だんだん医療機器並の機能になってきて、各国の法律と言う壁に当たり始めてきました。

マイナーチェンジ版が発売

日本では昨年の年末に発売を開始したばかりの、HUAWEI WATCH GT 2ですが、本家Huawei側は早くも、HUAWEI WATCH GT 2eと言うマイナーチェンジ版の発表がありました。

今回は何が変わったのか、確認してみたいと思います。

デザイン面の変化

デザイン面での進化が進んでおり、素材からステンレススチールを採用し、ベゼルスリムになっています。

色々なデザイン(スポーツや正装)にマッチするフレームデザインを採用することで、バンドをにも多種多様なデザインに変身することが出来ます。

新たに85種類のスポーツに対応

その結果100種類のスポーツ・カスタムアクティビティに対応し、幅広いアクティビティを記録することが出来るようになりました。

そんなにパワーアップしても、2週間のロングバッテリーは健在だそうです。

カラーは4種類

  • Graphit
  • BlackLava
  • RedMintGreen
  • Icy White

って感じですね。

防水機能は50Mの水圧にも耐えられるそうです。
マイナーチェンジということで、要望の多かった部類などに追求した進化のようですね。