Fitbit Charge3がいよいよ発売されましたね便利なオプション不要なオプション

今週はちょっと出張が多くて、Fitbitの記事を執筆するタイミングを見失ってしまいました。

一応毎週火曜日更新頑張っています。

 

 

11月いよいよCharge3も発売され、日本でも公式のCharge3が購入できますね。

 

予約時の価格と変わらない価格で販売となり、おそらく競争相手があまり居ない為なのでしょうね。

 

さて本体です。

Fitbit Charge3され、Amazonなどでもたくさんのオプション品が出回っていますよね。

そこでFitbit Charge3では無いのですが、私の経験から必要だったもの、不要だったものをご紹介。

 

バンド・ベルト

Fitbitの方には申し訳ありませんが、私の愛用しているIonicも現在はこちらの社外品のベルトを使っています。

公式ベルトがいやだったとかではなく、過去にベルトが何度か切れたことがありましてね。

ベルトが切れちゃうと、もう使えないので、予備として1~2個買っておくのが風習になっちゃいました。

また、汗をかいた時に、穴のあいたベルトは結構嬉しいです。

ということで、純正のベルトも残しつつ、社外品いくつか使っています。

お気に入りのカラーリングやデザインのベルトを使うと、Fitbitの生活が、また楽しくなりますよ。

ちなみに現在は白黒のベルトを使っています。その時々に応じてカラー変更して楽しんでいますよ。

 

 

不要だったもの

Amazonへのリンクを張っておきながら、不要だった物と紹介するのも失礼なのです。

不要では無いのですよ。でも、あってもなくても、スマートフォンほどいらなかったかな?意外とFitbitのモニターってすごく頑丈です。

スマートフォンの画面はやっぱり大きい分、角のあるものにぶつかると傷つき割れやすいのだと思います。

スマートウォッチの場合、そこまで大きくなく問題ないです。

社外品ばかりのため、また夏には発熱した事もあり、よほどで無い限りいらないかな?でも、やっぱり保護したい方にはおすすめです。

 

便利だったりそうでなかったり

社外品の充電器です。

自宅、仕事場の机の上とどっちでも充電できるように買ったのですが、正直Ionicもバッテリーが持ちます。

そこまで充電しなくても良かったかな?って感じです。

リチウム電池の性質上、0%・100%に近い状態を維持すると、あまり良くないのですよね。なので40~80%前後を維持出来れば十分です。

 

別談です

また、最近のUSB充電器に急速充電モードってありますよね。あれついていると、Fitbitのような機器が、ものすごく低アンペアになっちゃうみたいで、充電出来ていませんって言われます。

でも充電出来ています

このあたりちょっとFitbitに改善して欲しいです。

 

そんなにオプション品がある理由ではありませんが、Fitbit生活を始めた方に、ぜひご参考にして欲しいオプションなのでした。

ベルト・バンドはやっぱり色を買えたり、皮が好きな方は皮で高級感を演出するのも、ちょっとしたおしゃれで楽しいですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください