Fitbitは2台持ちもある意味便利に活用できるのです

いよいよ日本でも発売開始しました Fitbit Blazeですけど、今まで使っていたChargeHRはそのまま箱にしまったりする事なく、実は2台使う事ができています。
 
 
3~5ヶ月くらい前だったかと思うのですけど、Fitbitアプリ側がですね。マルチデバイスに対応したのです。
 
マルチデバイス対応
 
 
現在はこんな風に、自分のFitbitアプリに登録されています。
 
 
普段はFitbit Blazeを使って、朝のウォーキングに行っています。
 
ここでFitbitのアラーム機能便利ですよね。
Fitbitのアラームはですね。

機種ごとに登録が出来ますので、Fitbit Blazeは朝5時に起床。
Fitbit ChargeHRは朝6時半に起床。

と言う設定が出来ます。
 
 
明日の朝は雨だから、6時半まで寝ていようかな~と言う時は、ChargeHRに変えて、寝ることで、わざわざ目覚ましを変えなくても、設定変更ができるのですね。
 
 
 
マルチデバイスに対応ということで、Fitbit Blazeの歩数、ChargeHRの歩数は、別々にカウントされますよね。
 
さらにFitbitの便利だなぁ~と思う所が…。
 
 
朝Fitbit Blazeをはめてウォーキングに行きます。 
 
Fitbit Blazeの充電
 
ウォーキング後電池が無いと言われたので、充電し、そのままChargeHRを腕にはめますよ。
 
 
 
Fitbit ChargeHR
 
Fitbit ChargeHRにかえると、たった52歩になっちゃいました。 
 
ここでさっきの1万5千歩がwと焦らないでくださいね。
 
 
ちゃんと同期をすれば、元に合算された歩数歩いた事になります。
 
 
ここで両腕にFitbit ChargeHR・ Fitbit Blazeをつけたらどうなるのか?それはやっていませんw
ごまかす事になっちゃうので、やりたくないって感じですね。
 
 
 
歩数の切り替わり
 
歩数データは合算されて記録されていきます。
ウォーキング後の変更でしたので、基本的に歩かず休んでいますし、問題ないですね。
 
 
心拍数の変化

心拍数の記録だけは、一瞬ガクッと落ちますね。
これは仕方ないかな。
 
と言う感じで、Fitbitが2台になると、こんな風に腕にはめかえるだけで、結構色々な活用方法がまた生まれたりします。