Fitibitは体を動かすことに特化したツール?

あと一歩。
あと一歩。
と歩く事。運動することに喜びを感じる、我が相棒、Fitbitちゃん。
 
 
歩数
 
使えば使うほど、面白いガジェットの一つでもあります。
 
でも、ここらか運動する事の目的でもある、あと一歩の減量が上手く行かないのですね。 
 
 
ほぼ毎日10kmくらいウォーキングをしているけど、一杯体を使うと、どこかで休ませないと行けない。
どこかでオヤツを食べ過ぎちゃう。
 

そんなことを想定したツールでは無い事に気が付きました。
 
Fitbitの食事管理
 
Fitbitの食事管理は、結構真面目に作ってありまして、登録されている食品データベースも、だいぶ日本の物が増えてきました。
 
これでカロリー計算をしても、何故か上手く行かない。
食べものの入力もちょっと重いですよね。
 
 
Fitibitの食事管理
 
Fitibitで食べ物をメモする食事管理も、1年くらいやったのですが、体を動かすとその分食べて良いカロリーも増えちゃうんですね。 
 
この数値が見づらいのです。
本来は安静にしていても、1日に必要なカロリーだけ食べれば良いはずです。
 
でも、Fitibtiは体を朝に動かすと、1日に食べても良いカロリーに蓄積されちゃって、気がついたら、食べ過ぎていると言う落ち。

 
はい。

私が悪いのです。
 
 
Noom
 
今回体を動かすことに特化したのは、FitbitなのでFitibitで一生懸命体を動かす事を楽しむように。

そして、入力側でもある食べ物の管理は、Noomと言うアプリを使うようにしてみました。
 
 
Noomの食べ物管理

実はNoomにも万歩計があり、スマートフォンが万歩計になって歩数をカウントするのですが、歩きスマホをすると、全くカウントされません。
 
Noomの万歩計はあくまでも目安。
Noomは食べ物を管理することとNoomのアドバイスに特化したことをして見ようかと思いました。

Noomのカロリー入力はスラスラ入力出来て、食べ物を逐一入力出来ます。
 
 

Fitbit×Noomのコラボ状態です。

早速少し体重減りました。

今後追々結果は、毎週火曜日の記事でお知らせしていきますね。

2015年11月28日から始めています。
 
 
今までやっている事が結果として、良い方向に行かないのなら、色々見直す事も必要ですね。