Fitbit Flyerは気合を高める最終兵器になるのか?!

今年の秋発売を予定しているFitbitの新機種が発表されまして・・・。

1.新しいウェアラブル端末(ionic)
2.イヤフォン(Flyer)
3.体重計(Aria2)

の3機種がもうすぐ発売を予定しています。
噂では10月10日くらいとのことです。

 

Fitbit Flyer

今回はですね。こちらのイヤフォンを確認してみましょう。

まず皆さんは、ウォーキング、ランニングの時などイヤフォンをしていますか?
私もですが、Amazonのタイムセールで買った、安物のBluetoothのイヤフォンを使っています。

何分外でウォーキングなどをしていると、すれ違う車がわかりづらい問題がありますが、その点は音量をガンガンにして聴かない、基本的に音楽よりは、トレーニング用のボイスコーチの言う通り、走ったり、歩いたりしているので、そう言うトレーナーさんの声を聞くように、イヤフォンをしています。

あと、イヤフォンをすることで、ちょっと集中できるのですよね。

 

Fitbit Flyerの色は2色

  • ゴールド調のLunar Gray
  • ブルー調のNightfal Blue

の2色が揃っています。

 

主な機能

  • フィットネス用の設計(耐久系・利便性)
  • 鮮明なオーディオ
  • ミュージックコントロール
  • ケーブルの長さを調整
  • 最大6時間のバッテリー
  • 外部の騒音を拾いにくいデュアルマイク
  • ionicとも接続
  • 耐汗性
  • マルチデバイス
  • 2サウンド設定

と言う感じだそうです。

うーん。

いわゆる普通のスポーツイヤフォンと変わらないような気がします。

でも、今度のFitbit ionicは音楽の再生やフィットネス中のFit starのボイスコーチも聞きながら運動ができるそうです。

そうなると、おもちのスマートフォンとも接続し、ionicとも接続できる、マルチポイント接続機能に対応しているのは、嬉しいところですね。

 

しっかし、Bluetoothって、複雑なのに、ますます複雑化しますね。

 

変形できます

今回のFitbit Flyerは、普通に音楽を楽しむ時はコンパクトなモード。

激しい運動をする時は、翼のついたタイプへ変更することで、耳への負担を軽減するそうです。

こんな風に変形するわけですね。

ちょっと面倒だけど、耳への負担軽減はいいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です