Fitbit ionicのアップデートが来て操作が少し変わりましたね

先日の3月20日頃だったかと思いますが、Fitbitにアップデートが来まして、ionicのFitbit OSのバージョンが2.0になりました。

 
 

アップデートで失敗でも一呼吸

私はAndroidユーザーなのですけど、アップルのスマートフォンの場合、機種がこれ!って限られているので、いいのですが、Androidは色々なメーカーから、色々な端末が出ているので、対応する側も対応みたいですね。

アップデートで失敗したら、意外と一呼吸を置いて、別の部屋で試してみたり、後で再度実行するとうまくいくことがあります。

無理にアップデートをしようとしないで、一呼吸置きましょう。

 
 

アップデート英語になっちゃった

 

私の場合、Fitbitのアップデートが終わった所で、こんな風に英語になっちゃいました。

まぁ…。

主にいくつかの操作方法が変わっていますってお知らせですね。

 
 

時計画面の時にいくつかの変更点

  1. 右上のボタンを長押しすることで、通知メッセージの表示が出来るようになりました
  2. 時計の時に下から上にスワイプすることで、時計の残量やその日TODAY情報を確認することが出来るようになりました。
  3. 左側の戻るボタンの長押しで、音楽コントロールや画面のON・通知のONなどの設定が出来るようになりました

って感じですね。
 
全体的には、時計画面での操作の種類が増えたって感じですね。
 
思った程アプリに頼らなくなってきた?? 

 
 


 
 

新たにDeezerアプリが追加され、音楽サービスの共有がしやすくなったそうです。

Deezerサービスとの連携ですので、別途サービスを申し込む必要があるそうですね。

アップデート後はセンサーの調整はいります

アップデート後センサーを調整しますとのメッセージが出ます。

充電器のアダプタにつけて、数秒待機すると、こんな感じでセンサーの調整が終わります。

これでFitbit OSもバージョンが2になりました。

 

 


 
次回こそは、Versaについて確認してみましょう。
そしたら、新サービス追加されたりして…。

いや!!
 
 
きっとVersaが発売されるタイミングで、酸素濃度を使ったセンサーのトラッキングサービスが始まるはずです。
 
 
と期待中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です