Fitbitの2020年新作はcharge4みたいです

先日日本の技適に近いアメリカの認証機関から、FB417と言うFitbitの新型アクティビティトラッカーの承認がおり、数日前から噂になっていた、Fitbitの新型charge4である可能性が高くなり、盛り上がっています。

現在日本や各国でも販売されているFitbitのchargeブランドは、charge3であり、GPSやNFCなどは搭載しない、シンプルで軽くてわかりやすいデバイスでもあり…。

ある意味人気のあるモデルです。

海外では予測合戦が盛んです

A 英国の小売業者は、デバイスの実際の画像を投稿していませんが、リストには、いくつかの詳細を明らかにしません。1つの価格は、通常版が139.99ポンド、特別版が159.99ポンドです。
それはそれぞれおよそ160ドルと180ドルになります。ブラック、ローズウッド、ストームブルー/ブラックなど、いくつかの色から選択できますが、スペシャルエディションは花崗岩になります。
NFCは現在デフォルトとして提供されているようです。以前は、Charge 3の特別版のみが、Fitbit Payを使用した外出先での支払いのためのNFCを持っています。 ついに会社のフィットネスバンドの1つに組み込みのGPSが表示されることを期待していました。
Versaにもそれはなく、Ionicだけがあります。しかし、別の小売業者は、GPSが統合されたFitbit Charge 4をリストしています。希望があります。

https://gadgetsandwearables.com/2020/03/20/fitbit-charge-4-release-date/

アメリカのガジェットサイトによると、イギリスの通販サイトが、Fitbit charge4に関する資料を公開したことで、一部情報が確認出来たとのことです。
ただし、現在この情報は、削除されており、確認することが出来ません。

↑の記事をまとめますと

Charge3

Charge4は2種類登場

  • 通常版
  • 特別仕様版

この2種類が登場し、特別仕様版はおそらくGPSの機能が搭載されるのでは無いかということだそうです。
NFC機能はどちらにも搭載しているので、FitbitPAYは使えるそうですね。

でも…。
日本ではまだFitbitPAYは対応している金融サービスがありません。

アメリカでの発売は夏前ごろになるのでは?と言う予測でした。

近年日本でもFitbitの新機種の発売日の時間が、それほど離れていなく。
むしろ夏ごろに新型を発売するのは、体を動かす世代にもピッタリですね。
また、オリンピックとのタイミングもちょうどよいタイミング。
オリンピックの開催がどうなるか不安定な所がありますけどね。

色は黒色、紫色、ブルー系の3種類が用意されます。

160ドルと180ドルということで、日本では19800円とか、22,800円くらいの価格設定でしょうか?

もし、買われる方は、今からでも、毎月5,000円の積立で購入出来るチャンスです。

新製品が発売間近ということで、色々既存製品がお値打ちになるタイミングです。

日本ではAmazon今週末新生活応援セール

このあたりの売り筋商品あたりタイムセールの対象になりそうですね。