Fitbit Blazeの画面ではどんな事ができるか確認

無事に手にしましたFitbit Blazeのちゃんとした方!
安定しておりまして、画面に砂嵐が入る事もありません。
 
 
Fitbit Blaze
 
今号ではですね。
Fitbit Blazeからどんな情報を得る事ができるのか、ずらっと確認してみたいと思います。
 
  
 
 

まず1枚目の写真。
時計ディスプレイ表示とありまして、設定にて4種類から変更することが出来ます。
 
 
時計ディスプレイ
 
自分はですね。ゾーン表示にしてあります。
 
 
普段はこちらの時計表示が必ず表示される画面?基本の画面ですかね。 
 
 
時計画面から画面に指を起き、左にスライドするように動かすと。 
 
TODAY表示
 
TODAY表示となります。
 
 
 
ここで画面をタップするとTODAYメニューが開きます。
 
TODAY表示
 
TODAYメニューを開けますと、今日の歩数、心拍数、階段、睡眠時間などが表示され、現在の目標達成度を確認することが出来ます。
 
 
ここで先ほどのTODAY表示へ戻るには、左側のボタンを押します。
また、TODAY表示に戻ります。
さらに左にスライドすると 
 
 
エクササイズ
 
エクササイズモードになります。
エクササイズモードでは、これから運動を始める時、ウォーキング・ランニング・ゴルフなど目的の運動を選択し、記録を開始することが出来ます。
 
なお、Fitbit Blazeはですね。
自動的に運動していることを検知する機能もありますが、自分から記録を開始することが出来ます。
エクササイズモードは、有効機能の1つですので、また別の記事で詳しくご紹介します。
 
※ここで日本語が使われておりまして、ウォーキング、ランニングなどが全て文字化けしております。

 
 

さらに左にスライドします。
 
フィットスター
 
フィットスターモードが出てきました。
 画面をタップします。
 
フィットスターモードの中身
 
現在は2種類しか入っていませんけど、Fitbit Blazeを使ったフィットネスができるようです。
あまり使っていませんが、室内でできる物もあるようです。

※フィットスターモードは全て英語になっています。
 
 
 
さらに左にスライドします。
 
タイマーモード
 
タイマーモードがあります。
ストップウォッチ機能とカウントダウン機能です。

ラーメンタイマーも安心です。
 
 
 
さらに左にスライドします。
 
アラームモード
 
アラームモードもあります。
従来のFitbitのアラーム機能を直接、Fitbit Blazeを使って設定することが出来ます。
 
設定ができると良いますかは…。
 
 
アラームモード
 
設定済みの各時間のアラームをON・OFFに切り替えるくらいですね。
時間の変更や間隔の変更は、従来通りWebやアプリからになります。 
 
 
 
さらに左にスライドします。
 
セッティングモード
 
セッティングモードへ進む事が出来ます。
 
 
セッティングモード
 
腕を目の前に持ち上げた時に、自動的にFitbit Blazeの画面をつけるクイックビューモードのON・OFFや画面の明るさ、心拍数の設定、スマートフォンのミュージックプレイヤーの操作に関する設定が出来ます。
 
 
技適マーク
 
さらに下の方に進むと法関係の表示が確認出来まして、日本の技適マークも確認が出来ます。
 
アップルウォッチを使った事もありませんので、よく分かりませんが、Fitbit Blazeでは従来出来なかった細かい設定を直接Fitbit Blazeからできるようになった。
 
画面が大きくなって、見た目がよくなった。Fibitらしいわかりやすく表現で確認ができるようになりました。
  
 

Fitbit Blazeの画面では、メニューをこんな風に切り替え使用します。

時計
↑↓
TODAY
↑↓
エクササイズモード
↑↓
Fitスター
↑↓
タイマー
↑↓
アラーム
↑↓
設定
   
生まれて始めて触った時は、メニューはこんな物か…。と想像していたよりシンプルでもありました。
 
あとは、日本語に対応すれば良いのですけどね。
1つ1つ機能などご紹介していきますね。