Fitbit Blazeの充電は慣れるまでヒヤヒヤします

新しく発売されたFitbit Blazeですけど、初期不良交換もしっかり対応していただけ、これからFitbit Blazeを使ってウォーキング!!と息巻いている所でもありますが…。
 
インフルエンザの為、半月近くお休みしています。
 
もう歳なのかな?とちょっと落ち込無も、しっかり休んで、復活の時を待ちたいと思います。
 
 
Fitbit Blazeと充電器
 
Fitbit Blazeの充電レビューですけど、はじめは慣れるまで結構ヒヤヒヤします。
 
 
Fitbit Blazeと充電器は、Fitbit Blazeを買うとついてくる付属品に全てそろっています。
しかし、充電はUSB経由の充電なので、スマートフォンの充電器を持っている人やパソコンのUSB端子に刺さないと充電が出来ないので、スマートフォンを持っていない人はご注意くださいね。
 
 
 
 
Fitbit Blazeの取り外し方法

Fitbit Blazeを充電する際、Fitbit Blazeの本体を外して充電します。
 
 
 
Fitbit Blazeの外し方
 
本体を左側から押しこむようにしますと、本体が外せるのです。
 
これは初めての人でも比較的カンタンに出来ます。 
 
 

Fitbit Blaze
 
左側をうっ!押し込むと、カパッと外れます。
 

 
Fitbit Blaze本体 
 
Fitbit Blaze本体を取り外すと、四角い本体がFitbit Blazeの心臓部ですね。
 
 
 
P1250030
 
Fitbit Blazeを充電する時は、クルードル(充電器)に挟むようにセットします。
自作パソコンをやったことがある人は、CPUを差しこむような感じです。
 
 
 
Fitbit Blazeの充電
 
充電中はこんな感じです。
本来はインジケーターが表示され、どのくらい充電されているか分かります。 
 
 

 
Fitbitを他に持っている人は、マルチデバイスに対応しているので、腕に余っているchageHRなどを付け替えて、そのまま利用することも出来ます。
 
Fitbit Blazeの充電は、1~2時間で充電が完了するそうです。
  
 
 
Fitbit Blazeの装着
 
Fitbit Blazeの充電が終わった時は、クルードルから取り外し、バンドに取り付けます。
 
 
 
P1250033
 
バンドへの取付がドキドキします。
まず右側を正しい位置にあわせ、左側を手前から押し込みます。
 
この感覚が慣れるまで怖いです。
 
 
今はだいぶ慣れてきましてね。
簡単にはめられます。

 
Fitbit chageHRは何度も充電していると、抜き差しでガバガバになるって言いますかね。時々差し込んだのに、充電出来ない事もあったりね。
 
Fitbit Blazeはクルードルにはめる感じなので、充電回数が多くても接続不良になることは無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください