Fitbit

3月4日発売のSuica対応 Fitbit Charge4が2万円を切りました

いよいよFitbitが日本のSuicaに対応するとの事で、Fitbitからも正式に発表がありました。

Felica対応と言わなく。Suica対応というのは、どういう理由なのか技術的な事なのかわかりません。
日本でもFitbitがローカライズ版を売り出すことは、世界的な製品にも、iPhoneを始めとする動きがあるように、喜ばしい状態ですね。

Felica対応と言わない所

おそらくFelicaを搭載しているのですが、アプリ側の準備として、FibitアプリにSuicaを登録すると言う作業が必要です。

おそらくですが、Fibitアプリに楽天EDYやNanacoなどのアプリを開発する必要があり、今回は東日本旅客鉄道の協力により、Suicaを搭載することができたと言う流れでしょうか?

Fitbitアプリから、Suicaのチャージも出来るそうなので、おそらくそういう流れですよね。

その次は?と言われると、現状そこまで見通しが経って居ない為、Suica対応ということで売り出したのではないでしょうか…。
昨今楽天EDYよりスマホ決済が増えている現状があり、Felica決済でまだ需要があるのは、Suicaですものね。

Fitbit版Suicaでできる事

新規発行
クレジットカードによるチャージ
コンビニなどから現金チャージ
発券機などでの現金チャージ
銀行チャージ
チャージ残高による鉄道利用
チャージ残高でのお買い物
残高表示
履歴表示前日分まで表示可能
払い戻し手数料発生しますが○
再発行
機種変更による残高引き継ぎ
JREポイントを貯める
JREポイントによるチャージ
定期券の購入
Suicaグリーン拳の購入
タッチでGo!新幹線
新幹線eチケットサービス
ネット決済
エクスプレス予約
スマートEX

ということでした。

クレジットカードによるチャージは、GooglePAY利用との事ですので、Android限定でしょうか…。

Amazonでの予約開始中

Amazonでの予約の場合、基本的に定価からスタートし、少しずつ値下げしていく傾向にあります。

定価早めに予約しても、予約時の金額より安くなっていれば、安い金額で購入できます。
逆に高い金額にはね上がっていたら、予約時の金額にて購入ができます。

普段から電車移動のFitbitユーザーには、いよいよ期待の製品ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください