Fitbit Blazeを購入!開封してみます。でもちょっと注意を!

皆様大変おまたせしました!
先日アメリカで発売されましたFitbit Blazeを、受け取りましたよ。
  
まず…。一番心配されている日本の技適マークの件、Fitbit Blazeは取得済みです。
(取得して本当に間もないのかも?技適マークも番号も表示されます。)
 
輸入版を買っても、法律上の問題はクリアされていますけど、問題は少し色々あります。
 
  
  
 
このブログは1週間に1回しか掲載しませんので、最終的なお知らせまで時間がかかりますが、まだ進行形の問題も出てきましたので、順番に確認してみたいと思います。
(実際に英語でやり取りしている最中です。)
 
 

輸入版のご購入は少しまった方がいいかもです。
 
現状でも使えます。しかし、スマホがおかしくなった時、内部で何が起こっているのかとか…。
そういった事を理解出来る人には、面白いツールでもあるのは事実です。
 
 
Fitbit Blaze
 
今号では開封までの様子となります。
 
 
以前のchageHRとくらべると、少し豪華に、どちらかといえばスマートフォンに近いパッケージになりました。
 
 

Fitbit Blazeのパッケージ横

パッケージの横はこんなふうにですね。
どんな表示が液晶から出てくるのか、ワクワクしますよね。
 
 
 

Fitbit Blazeのパッケージ裏側
 
裏面は英語ばかり。
日本向けが発売された時は、日本語になりますよね。
 
 
 
パッケージの横側
 
パッケージの横側には、バンドのサイズの目安が描かれていますね。店頭販売も考えたパッケージデザインですね。
 
 
 
開封
 
基本的にFitbit Blazeの箱を開ける時は、あのFitibitのマークの書かれた所を1つ2つ引っ張っていくと、ほどけていく感じで、Fitbit Blazeが見えてきます。
 
 
面白いですね。
 
 
Fitbit Blazeの充電器
 
まず下側から…。
受電器が入っています。
 
これをUSBに挿して、充電しますので、アメリカ製品でも電圧問題を気にする必要はありますね。 
 
 
Fitbit Blaze
 
Fitbit Blaze本体です。
 
今まで使っていたchageHRと比べると、軽くずっしりした感じを受けます。
でも、格好いいです。
 
 
 
Fitbit Blaze
 
Fitbit Blazeの周りにカバーが掛かっているので、こちらもFitbitアイコンの書かれた所を引っ張って開ける事が出来ます。
 
 
 
Fitbit BlazeとchageHR
 
左側からchageHR・右側に今回のFitbit Blazeです。

横幅が結構大きくなりましたね。
でも、これからは、Fitbit Blazeを腕に巻いて歩いていると、どこからどう見ても腕時計ですよね。
 
 
男性には歩きやすくなったかもです。
以前のchageHRの時、家電量販店にて別のお客さんに説明している店員さんの横をすっと歩いた時、店員さんにchageHRがあたっちゃったのですよね。
 
店員さんにえ?って顔をされて、腕を見せてあっ!ごめんなさいって言ったのですが、時計を思ってもらえたのか?怪しい物巻いて?と思われた表情でw
 
 

今度はどこからどう見ても時計。
 
 
しかも、Fitibitiアプリの方がマルチデバイスに対応しましてね。
Fitbitを腕に付け替えるだけで、簡単に切り替えが出来ます。
  
Fitbitのマルチデバイス
 
夜寝る時は、やっぱり大きいのでchageHRで…。
昼間はFitbit Blazeと言う使い方や、充電中はFitbit chageHRを使うと言った使い方も出来ます。
 
 
 
・次週はセットアップの様子
・その次はFitbit Blazeの問題点→ここ結構なトラブルです。
など順番に掲載していきますね。
 
 
子出しにしてスミマセンが、問題解決に向けて、相談中の所もありますので、順番に載せさせてください。