Amazfit Verge Liteの時計のデザインを公式以外に変更してみる方法

先日ブログを読んだ方から、同じくAmazfit Verge Liteを買いましたよ!って色々声をかけていただくことがあります。

私より皆さんが使いこなしているシーンなどを見ると、私も、また少しカスタマイズをして見たくなりました!

ということで、挑戦してみたかった、時計盤のデザインをオリジナル以外にしてみたいと思います。

WindowsとMACみたいな?

中国製品のすごい所というのは、Windowsみたいに汎用性があるって事ですね。

Androidの場合です

オンラインの文字盤から、時計デザインの変更します。 まずMi Fitの公式アプリを開きます。

  1. プロフィールを開きます
  2. マイデバイスの「Amazfit Verge Lite」を開きます。
  3. 「文字盤設定」を開きます。
  4. 公式の時計を1つダウンロードし、文字盤を同期します。

AmazFacesアプリをダウンロードします

AmazFacesには、Xiaomi系のスマートバンドの各種時計デザインをダウンロードすることが出来ます。

  1. 機種ごとに検索が出来ますので、お気に入りのデザインを探します。
  2. ダウンロードアイコンをクリックして、ダウンロードへ進みます。
  3. 「REPLACE」をクリックすることで、純正のダウンロードした時計盤と入れ替えます。

これで登録完了です。

もう一度同期をやり直します。

  1. プロフィールを開きます
  2. マイデバイスの「Amazfit Verge Lite」を開きます。
  3. 「文字盤設定」を開きます。
  4. 公式の時計を1つダウンロードし、文字盤を同期します。

3番の操作の時、オンラインの文字盤は変わっていませんが、セットしたオンライン文字盤を、もう一度選択し、同期することで、時計のデザインが切り替わります。

完成です

私の欲しかった、アナログ時計で、曜日も日付もわかるデザイン。
歩数と脈拍なども、Amazfit Verge Liteのバッテリー残量もわかります。

1目ですべてわかるデザインいいですね。

ってことで、色々カスタマイズができる、Xiaomi系の凄さですね。