Huawei

Huaweiから発売した「HUAWEI band 6」がもしかしたら最高かも?

日本ではXiaomiのMiBand6が中国で販売を開始したということで、こぞって日本でも注目されている分、色々期待の報道がありました。
合わせて中国国内にて、Huaweiも「HUAWEI band 6」と言う新モデルを発売しましたので、さっそく確認してみましょう。

カラーバリエーションも含め3色揃って登場

シンプルな黒色ですね。

グリーンの色でもあるバンドですね。

女性を意識したピンク色モデルもあります。

何かデザインが似ていないですか?

そうですね。
日本でもおなじみのHuawei Watch FITですね。

Huawei Watch FITとHUAWEI band 6の違いを確認してみよう

Watch FITband 6
ディスプレイのサイズ1.64インチ1.47インチ
解像度280 x 456194 × 368
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBluetooth 5.0 BLE
バッテリー10日間最大12日間
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
装着検知センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
光学心拍数センサー
GPSGPS、GLONASS、QZSS(みちびき)対応未装着
防水性能5 ATM5 ATM
ボタンフルスクリーンタッチ + サイドボタンフルスクリーンタッチ + サイドボタン
SpO2対応24時間測定24時間測定
日本語対応ストア情報によると対応
重量21g18g
対応スマホAndroid 5.0以上
iOS 9.0以上
Android 6.0以上
iOS 9.0以上

ということです。
基本的にはセンサーの違い、大きさ重量の違い、GPS機能の有無と言う感じです。

SpO2や睡眠測定には違いは無さそう

基本的な6軸imuセンサー (加速度センサー、ジャイロセンサー) 、光学心拍数センサーを搭載している為、Watch FITとそんなに違いは無さそうです。

どんな違いが出るのか?

時計単独でランニング・サイクリングを記録すると、GPSで無い為、位置関係の記録が出来ません。

でも、スマホを使い、スマホのHuaweiヘルスから、ランニングを開始すると、スマホ側のGPSで記録し、band 6で、心拍数などを記録することができるため、運動をやりこなす人には物足りないかもですが…。

健康管理のために運動をしている人にはありな機種かもしれません。

まだアリエク品(中国から通販)のみっぽいです

AliExpress.com Product – Original Huawei Band 6 Smartband 1.47” AMOLED Screen Heart Rate Tracker Sleep Monitoring BT 5.0 Wristband Global Version

もちろん日本でも発売の可能性はありそうです。

2021年4月20日午後5時からタイムセール販売開始します

[ワールドプレミア] 在庫ありグローバルバージョンhuawei社バンド6 smartband血液酸素1.47 ”amoled心拍数トラッカー睡眠監視

4,000円台になるそうで、私もポチろうか悩み中です。
ちなみに輸入品は、日本のHuaweiからサポートは一切ありませんのでご注意ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください