Xiaomi

Amazfit Band 5はMiBandと何が違うのか?調べたらポチっちしまった

Xiaomiグループと言う表現が異なるのかもしれませんが、Xiaomiはいろいろな企業に投資をして、その企業にそのジャンルの製品をつくり続けさせます。その技術をXiaomiにブランドで活かしたり、Xiaomiの販売網で販売する。

そんなサブ企業の1つ「Huami」があります。

Huamiは主に健康・フィットネス関係の製品を作っており、MiBandと強豪する製品も作っています。(作っている所はどちらもHuami)

私も以前Amazfitブランドのウェアラブルデバイスを使っていました。

もともと「Huami」と「Xiaomi」ブランドの製品は、スマートフォンにインストールするアプリが分かれています
でも、この製品はXiaomiのMiFitでも使えたので、使っていました。

10月から発売されたAmazfit Band 5

今年の秋から発売されたのが、Amazfit Band 5です。
すでに日本でも流通しています。

日本語の表示も対応もしているそうですが、搭載しているAlexaがまだ未対応との事です。

主な機能はMiBand5と同じ

さらにSpO2の測定機能やAlexa搭載というのが異なる点でしょうか…。

MiBand5Amazfit Band 5
サイズ46.95 × 18.15 × 12.45 mm47.2 x 18.5 x 12.4mm
重量(本体にみ)11.9 g12g
防水等級5 ATM5 ATM
ディスプレイ1.1 インチ フル カラー AMOLED1.1 インチ フル カラー AMOLED
解像度126×294126×294
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBT5.0/BLE
バッテリー容量125 mAh125mAh
標準的な持続時間14日間15日間
搭載センサー6軸センサー:低消費電力の3軸加速度計と3軸ジャイロスコープ
PPG心拍数センサー
デジタルMEMSマイク
BioTracker 2 PPG バイオトラッキング光学
3 軸加速度センサー | 3 軸ジャイロスコープ センサー

スペック的にもほぼ同じですね。
詰まっているチップのバージョンアップ品と言う感じでしょうか…。

日本人待望の血中酸素飽和度を測定

今までのウェアラブルデバイスは、日本で血中酸素飽和度機能を搭載すると、医療機器に当たる為、なかなか販売が出来ない?と思っていたのです。

日本語で販売されているAmazfit Band 5でも、血中酸素飽和度が測定可能だそうです。

どういう判断なのかわからないのですが、SpO2機能がほしかった方には魅力的な機能ですね。

価格差はどう埋める?

日本で買う場合2千円の差があります。

本国から購入すれば、もう少し節約可能です。

2020新amazfitバンド5スマートブレスレットカラーディスプレイ心拍数フィットネストラッカー防水のbluetooth 5.0スポーツスマートリストバンド

今買うとブラックフライデーセールの値引きと、クーポン値引きもあって、4,000円以下で購入可能です。
(aliexpressなので、届くまでには1ヶ月かかるかも)

Amazfit系にお引越しする場合アプリの切り替えも必要です

今まではMi FITで使っていた人も、旧AmazfitアプリのZeppに切り替える必要がありそうです。

MIFitはシンプルなアプリ。Amazfit系のZeppはいろいろな装備・試験機能が備わったアプリなので、時々不都合が出るのか、レビューが少し残念気味な所が気になっています。

と記事を書きながら、ポチってしまう自分。
届いたらまたレビューします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください