Fitbit

Fitbit charge5 が発表!9月28日発売予定!何が進化したのか確認してみましょう

先日Fitbit charge5 がリークされました!って言う記事を執筆した翌日には、すでにFitbitからFitbit charge5 がが発売される事が告知されました。

アマゾンの予約ページを見ますと、今の所「発売予定日は2021年9月28日です」となっております。

過去に発売予定日が変わった新作もございますので、今の所予定日ということです。
さっそく何が変わったのか確認してみたいと思います。

公式の動画はこちら

Fitbit charge5 の外形のデザインの変化

デザイン面から変化を確認してみましょう。

従来は白黒のシンプルなディスプレイだったのが、カラフルなデザインに変わっています。

これは情報がたくさん表示できるようになっただけではなく、各情報を一瞬でわかりやすくする色分けができるので、めくらなくても複数の情報を早く視認できるようになりましたね。

Fitbit charge4

Fitbit charge4の頃のシンプルな色合いも好きだったのですが…。

Fitbit charge5

こうやって見るとFitbit charge5も格好いいですね。
でも、以前の記事でも指摘させていただきました。通り、標準のバンドは、内側に収納するため、擦れてかぶれる可能性もあります。

個人的には純正なら、こちらのスポーツバンドが好きです。

Fitbit charge5 と4の仕様の差を確認

CHARGE4 charge5
万歩計
心拍計
バッテリー7日7日間以上
エクササイズ
自動認識機能
睡眠データの記録○ 浅い・深い・レム○ 浅い・深い・レム
防水水深50m水深50m
アプリ
通知
GPS
Fitbit PAY

主な仕様の違いはなさそうですね。

新しく追加された皮膚電気活動(EDA)スキャンアプリ

手首の皮膚電気活動スキャンアプリは、ストレスに対する体の反応を示す可能性のある、皮膚の発汗量の微小な変化を検出します。

と言う事で新しいセンサーが内蔵されています。

気になるBluetoothのバージョンは未掲載

Fitbitが同期しない問題で!私が感じているのは、FitbitのBluetoothのバージョンがいつまでもバージョン4.x系を搭載している事です。
最近のFitbitは、Bluetoothのバージョンを未記載なので、不明。確認することは出来ません。

唯一記載されているのは「Bluetooth Low Energy」テクノロジーを採用という点だけです。

FitbitPAYはSuica対応のままです!やった!

Suica対応FItbit charge4
Suica対応FItbit charge4

これは安心しましたね。
アメリカで購入すると、Suica未対応版になりそうですが、日本だけのローカライズ版なのかは未記載さすね。Suica対応を買うなら、日本で買った方が安心です。

Fitbit charge5 は買いなのか?

個人的には買いだと思います。

でも、今使っているお気に入りのスマートウォッチがあるのであれば、それを辞めてでも、買い換える必要があるのか?と言われれば疑問ですね。

壊れた時や、次買い替えたいな?!と言うムードになった時に、1つの検討機種にすべきだと思います。

その理由は以下の通りです。

旧モデルと4千円の差は、カラーディスプレイくらいですからね。。。

ソース:Fitbit

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください