Fitbitアプリはどうやって作るの?初心者スタート編

Fitbit ionicからFitbitアプリというものを一般の人・企業でも作れるようになり、すでにアプリストアでも、配布が始まっています。

個人的にionicは素晴らしいウェアラブル端末ではありますが、やっぱりまだスペック的に弱い所があったり…。

 

体に密着するだけの端末であることから、あまり頻繁に利用しないほうが、いいんじゃないかな?って思ったりしています。

 

とりあえず初心者の私も、Fitbitデベロッパーにアクセスし、何かアプリを作ってみたいと思いましたので、ionicの時計を作ってみることに挑戦したいと思います。

記事を書きながら、実際に勉強をしますので、この手の開発ツールに慣れている方には、参考にならないと思います。

 

開発ツールは無償で提供されます

Fitbitの開発ツールは、デベロッパーサイトを利用することで開発ができます。

https://dev.fitbit.com

 

  1. buildから
  2. Studioへアクセスします

プロジェクトの新規登録画面に入ります。

 

ウォッチで作成すると、すでに初歩的な時計画面が完成しております。

持っているionicに接続し、初めからあるプログラムを実行させます。

 

赤い背景に時計が表示されましたね。

 

この次は、写真を入れて背景のある時計にしたいと思います。

こんな風にできました。

 

まだまだ、よくわかっていないので、なるべく日本語に適した個人的にはGショックみたいなデザインがいいのですけどね。

プログラミング言語はわかりますけど、デザインが全然センスが無いので、本当うまくいくのか、色々試してみます。

とりあえずはこんな風に、Fitbitアプリは作るんだよって、わかってもらえたら幸いですって感じの記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください