Huawei

Huawei GT2 WatchからWatch FITに切り替えて変わった点

2018年頃からFitbitに関してちょっと疑問を持ち始め、2019年にはXiaomiのMi bandなどを愛用。さらに2020年からはHuaweiのGT2 Watchに切り替え、現在もなお使っています。

Huaweiのヘルスアプリレビューなどを見てると、Fitbitなどと同様に同期しないなどの苦情レビューがあるのですが、私は今の所そういう経験が1度も無いのです。
皆さまも肌に合うサービスが見つかりますように…。

今号では、GT2 WatchからWatch FITに切り替えて変わった点などをまとめて行きたいと思います。

サイズの違いから生活に邪魔にならないサイズ感

GT2Watchが46mmくらい
Watch FITが30mmくらい
サイズは公式の仕様から

1.6cmくらいの横幅がスリムになっているのですね。
そのため、時計の場合、手首をいろいろな角度にした時、そんな作業をする時、当たると気になる物ですよね。

Watch FITになってから、全く気にせず使えるようになりました。

あと、画面が縦長になったことで、逆に見やすくなりました。

重量の違い

GT2Watchが68g (社外バント混み)
Watch FITが35g

とにかく軽いんです。

身につけてても申し分ない。映像も大きくて見やすい。って便利じゃないですか?

機能として変わった点

Watch FITだけついている機能は

今の所、トレーナー機能のみです。でも、これはソフトウェア的な機能なので、GT2のアップデートによっては取り付けされるかも?

十数分のトレーニングが中心です。
実際のトレーニングは、手の動きなどを見て回数をカウントするのではなく。

こんなアニメーションの動きに合わせて、回数をカウントしているので、映像をみてそれを真似るだけって感じです。

実際に自分も、ランニング前の10分くらいの筋トレで利用しています。

GT2 Watchについている機能

  • スピーカー・マイク・(GT2 Watchだけで電話・音楽再生・通知時の音声案内・ランニング中の音声アドバイスなど)ごっそりできないです。
  • センサー各種(気圧計・コンパス)機能が無い為、階段の上がった階数の記録はされなくなりました。気圧計機能・コンパス機能の表示もありません。
  • サウンド機能がありますが、GT2 Watchは直接時計から再生できるのに対し、Watch FITはスマートフォンの音楽プレーヤーの遠隔操作だけとなっています。
  • GT2 WatchはBluetoothイヤフォンと接続して、走りながら、GT2 WatchとBluetoothイヤフォンをペアリング。直接Bluetoothイヤフォンから、コーチの音声が聞けましたが、Fit Watchはだめです。
  • Fit Watchで30分くらいランニングに出かけると、バッテリーの消費が早く感じます。
  • Fit Watchより、GT2Watchの方がバッテリーもモツイメージです。

でも、そんな機能あったら嬉しかったけど、正直Fit Watchの手軽さにも嬉しい所があります。

そんな機能を天秤に掛けなががら…。5000円の差が、大きいと感じるか小さいと感じるかで悩ましい所ですね。

POSTED COMMENT

  1. reiko より:

    fitbitからXiaomiへの移行は、価格が大幅に安くなるのと、ライフログを記録したいだけなのに不要な機能が増えていくfitbitへの疑問とで良く理解できたのですが、
    最近購入されてるHuaweiは価格もそれほど安くはないし、ゴテゴテしていたり、無い機能があったりとで疑問を感じています。
    正直、Watch FITならfitbit inspire2で良くないですか?USのAmazonで買えば$99.00ですし。

    • 管理人 より:

      fitbitは長い間利用していたのですが、物理的破損をほとんどの高価な機種で体験してしまっていて…。

      あまり拡散はしたくないのですが…。
      https://fitbit-fan.club/ionic/fitbit-ionic-monitor-clash.html
      こちらの記事で中身を見てしまった時の作りの質にちょっと疑問を抱いてしまいました。

      Fitbitは同期でイライラする事もあったのですが、Huaweiでイライラすることもなく、使っている時のストレス的な物で、Huaweiの方を好んでいる状態です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください