Fitbitの動向

Fitbit?MiFit?皆さまはどんな1年でしたか?

2019年私はFitbitの利用をやめて、Xiaomi系のMi Fitへ切り替えました。
でも、いつかはFitbitへ戻りたい意思もあります。

そんな1年だった2019年のウェアラブルデバイスの動向ですが、やっぱりいちばん大きな動きというのは、FitbitがGoogleに買収された話ですね。

先日Fitbitの最高経営責任者、‌会長、‌共同創設者のジェームズ・パーク氏より敬意の説明メールが、Fitbitのメールマガジン購読者に配布されました。
しかも、日本語訳になっています。

ただアメリカでの一部報道によると、独占禁止法に抵触する恐れもあることから、合併は承認されないのでは無いか?と言う報道もありました。

ライバルの動きも活発化

おりしもそんな日は、XiaomiのXiaomi Mi Smart Band 4 が日本のAmazonで公式に発売されました。

Amazonでの初日は数日前から売り切れていて、第2段の入荷が、12月31日~1月1日となっています。

並行輸入でも ¥3,839 で買えればお値打ちなので、日本のAmazonで買ったほうが安心感がありますね。

でも私、 Xiaomi Mi Smart Band 4やAmazfit Verg lite を使うのをやめようかと思います

Xiaomiはお値打ちで、最新の技術もしっかり搭載して!ってすごい面もいっぱいあるのですが…。

未だに睡眠の制度が向上しないのです。
実はこれMiBand2の頃から変わっていないことを把握していたのです。

自分睡眠が取れる時と取れない時の差がありまくりで…。
それで1週間の平均睡眠を把握したのです。

第3のメーカーは今注文中です

年内に届かないみたいなので、到着次第、レビューをしていきたいと思います。

それまではXiaomiを使い続け、また新しいメーカーは自分に合うのか判断したいと思います。

大変恐縮ですが、2019年Fitbitファンの更新はこれにて終了です。
新メーカーの到着まで、ちょっとお休みさせてください。

ヒントはこちらです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください