sense

2020年の最新モデル「Fitbit sense」が発売!何が進化したのか確認

2020年8月下旬、Fitbitからもうすぐ発売する、「Fitbit sense」の新モデルが発表されました。

昨年Fitbitは脱中国製を売り出し、どこ製なのかは不明ですが、従来の端末からどんな機能が追加されるのか、チェックしてみましょう。

新機能のチェック

革新的なバイオセンサーコアを採用し、EDAスキャンアプリに対応する多目的電気センサーと、皮膚温センサーを搭載し、皮膚電気活動も測定。
従来は出来なかった測定が出来るようになりました。

  1. 皮膚の電気活動のグラフから、ストレス状態を管理、気分などの記録が出来るそうです。
  2. 手首の皮膚温センサー毎晩、皮膚温を計測。個人の基準値からの変動が表示されるため、傾向を把握できます。
  3. Googleアシスタントを搭載。従来はAlexaだったのですが、Googleの関連会社になった事から、アシスタントを両方選択出来るみたいです。
  4. 急速充電機能の追加。わずか 12 分で 1 日分の充電が可能な急速充電も可能

このあたりが大きな機能追加と言われるみたいです。

個人的に同期機能が安定するのではないでしょうか?

スマートフォンと同期する為に使っていた通信規格の「Bluetooth」ですが、従来のBluetooth4.x系のバージョンばかりを採用していたFitbitですが、やっとBluetooth5.0を採用しました。

でも、中華系メーカーの同様のウエアラブルデバイスは、Bluetooth5.1を採用しており、何故Fitbitは最新版のモジュールを採用しなのか不思議です。

仕様の違い

CHARGE4sense
万歩計
心拍計
バッテリー7日6 日間以上
エクササイズ
自動認識機能
睡眠データの記録○ 浅い・深い・レム○ 浅い・深い・レム
防水水深50m水深50m
アプリ
通知
GPS
Fitbit PAY

結果として体温測定関係

体温関係のセンサーが搭載され、ストレスチェック機能なども搭載。
さらにFitbitが最近はじめている、プレミアムサービスへの連携が強化されたモデルになっているみたいです。

気になるのはお値段

9月下旬ごろ発売されるとの事です。
アメリカ330ドル(約3万5100円)

との事で、日本では3万9990円での発売との事です。

ちなみに同じタイミングで、MiBand5が日本で発売される予定です。

MiBand5のグローバル版が届いたので開封します

片端4万円近くするデバイス。
かたわ4,500円前後のデバイス。

同期はMiBand5の方が、バージョンが最新版で安定しています。

ちょっと高価すぎるような気がしますが、皆様はどうしますか?

発売日は2020年10月2日です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください