Fitbit Payが2018年から使えるようになるのは無理みたい (再編集)

現在発売されているスマートウォッチのIonicと先日発売されたVersaには、FitbitOSが採用されております。

このFitbitOSの中には、Fitbit PAYと言うNFC決済の電子マネーを搭載することができます。

この記事は2018年6月に掲載された記事を、2018年11月13日に再修正し、さらに2019年5月28日再度追記した物です。

NFC決済ってなに?

従来のクレジットカードでは、以下のようにカード情報を確認します。

  1. カードをスキャンする。
  2. ICカード付きクレジットカードの時は、カードを挿入して、ICをカードからデータのやり取りをします。

これにカードの中にNFCチップをいれる事で、カード情報を非接触で読み取るようにしよう!って言うのが、NFC決済ですね。

Fitbit PAYはNFC決済を利用しています

FItbitにウォレットアプリをインストールし、カード銃砲をウォレットアプリに設定する必要があります。

Fitbit PAYが対応を開始してもおサイフケータイ(FeliCa系)は使えません

シムフリーのAndroidを使っている人はわかると思いますが、NFC対応しただけでは、FeliCaを搭載していない為、EdyやSUICAなどを使うことが出来ません。

Fitbit PAYが使えるようになるまで日本での課題

Fitbit PAYが使えるようになると、おそらくNFCペイ系のサービスが使えます。

「Visaのタッチ決済」ですね。

  1. Fitbit PAYに対応したクレジットカードブランドが必要
    基本的にNFC決済の場合は、VISA・マスター・アメリカンエクスプレス・JCBともにNFC決済に対応しています。
  2. VISA・MASTERなどのカードブランドを利用している各社クレジットカード会社が、NFC決済を対応する必要があります。
  3. NFCを決済に対応したお店が必要。
    マクドナルド・IKEAなどごく一部の店舗は対応開始中。

オリンピックの開催に合わせて、日本でも海外で利用されているNFC決済決済の導入を進めている企業が増えてきています。

2018年には、FItbit PAYが利用できるようになると、Fitbit関係者の発言があるとのことで、どのくらいの企業が対応してくれるのか、楽しみな所です。

ここ数ヶ月のFitbit公式アカウントのFitbit PAYに関するコメントを拾っていると、2018年中どころか、導入は無理かもしれません。

2019年令和になると時代がタッチ決済からスマホ決済へ

スマホ決済の様子

もう少しFitbit PAYが動きが早ければよかったのかもですが、オリンピック開始に向けて、NFC決済が増えるのかと思いきや、どちらかといえば、日本では中国などで増えている、コード決済がさらに増え始めていますね。

あのPAYPAYの200億円還元キャンペーンが、NFC決済の展開を押し出してしまった勢いです。

そんな私も、PAYPAYや楽天PAYなどをインストールして使っています。

Fitbitでコード決済が対応するには、リアルタイムな通信機能が必要ですし、Fitbitに備わっていないんですよね。

あまり大きな声では言えませんが、Fitbit PAYは無理かも?始まっても、買える所が広まっていない理由もあります。

・マクドナルド
・ローソン
・ツタヤ
・IKEA
・空港など

自動販売機では未対応の機種ばかりでもあります。

ウォーキング中、ランニング中ついついドリンクを買っちゃえるくらい、対応が広まって欲しい所ですね。