アディダス版のFitbit Ionicは何が違うの確認です!

日本でも4月に入り、アディダスバージョンのFitbit Ionicが発売されたそうです。

Amazonでは、4月19日に入荷予定となっております。

 

 

こちらのionicは普通のionicと何が違うのか確認してみましょう!

 

外見チェック

パット見の違いは明らかにこのスポーツバンドですね。
ちなみに私も、中国通販で、同じようなスポーツバンドを購入してみましたが、もしかして全く同じ?ってくらい同じデザインです。

 

うまく撮影出来なかったのですけど、内側はもちろん白色です。

Fitbit ionicの交換用ベルトを色々買ってみました

あと、時計のデザインがAdidasバージョンが準備されています。

 

 

内面の違いは

基本的にIonicと同じセンサーIonicと同じ機能という感じです。

内面での違いはAdidas監修の専用のアプリがついているようです。

その名も

adidas Train ワークアウトプログラム」と言うそうです。

 

主に以下の3つのトレーニングがついているそうです。

  1. ダイナミック ウォームアップ
    ランニングに向けて、体幹の温度を上昇させるトレーニング。
  2. パワー ペース
    もっとしなやかで力強く無駄のない肉体づくりのコーチニング。
  3. 代謝促進プログラム
    インターバルトレーニングでスピードと代謝を向上のプログラム

とのことです。

 

ということで、Adidasエディッションの違いは

  1. スポーツバンド
  2. 専用時計
  3. 特別プログラム

とのことです。

 

発売前ともありアディダスエディッションと普通のionicの価格差は4千円くらい。

アディダス好きには、たまらない一品ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください