Fitbit charge HRの睡眠チェック

やっと安定して使えるようになったcharge HRですが、今回のCharge・Charge HR・Surgeから睡眠の記録も、自動的に検知し睡眠を記録出来るようになりました。
 
 
 
Fitbitの睡眠の記録
 
今までの旧Fitbit製品では、睡眠する際にバンドを装着したり、睡眠前にスイッチを押す・置きてからもう一度スイッチを押すと言う操作が必要でした。
 
 
今回Charge・Charge HR・Surgeからはとっても楽になります。
 
なにせ・手首に巻いてそのまま横になれば、寝ている時を自動的に検知し、そのまま睡眠モードとして、記録していきます。 
  
 

パソコンのダッシュページの結果ですが、スマートフォンの睡眠監視アプリの方が、精度は高いと思いますが、寝ている時間、寝ながら寝返りや手を動かした時間。
 
いわゆる睡眠が浅かったと思われる時のみ記録しているようです。
 
 
Fitbitの睡眠の記録のアプリ
 
こちらはアプリ側から見た睡眠の記録です。
 
 
寝始めた時間・起きた時間共にそこそこの精度です。

 
寝られなかった睡眠の記録
 
ちなみに夜の11時頃に目が冷めてしまい、2時頃まで寝られなかった時の記録です。
寝ている事になっていますが、眠りが浅いと判断されていました。
 
結局夜11時頃~夜中の1時頃まではスマートフォンを触っていたので、こういう判断なのかもです。
 
 
睡眠の記録は参考程度にはいいかもですね。 
 
 
目覚まし機能
 
何よりも嬉しいのは、腕に巻いているので、目覚まし時計機能があることです。
 
決してBGMが鳴るのではなく、ぶるぶるぶると震えるだけなのですが、子供達と一緒に寝ている自分にしてみたら、早朝に置きないと行けない時、ぶるぶるぶるだけで、目が冷め。

しかも、BGMの目覚まし時計では無いので、回りに迷惑をかけずに起きることが出来るので、とっても嬉しい機能でもあります。
 
 
運動・歩行だけではなく、夜も快適に楽しめるFitbitでした。