Fitbit Charge3 は Mi Band3 に勝てるのだろうか?

先日発表されたFitbitの新端末、Charge3ですが、価格は2万円前後、ライバルは3~4千円くらいで買えちゃうウェアラブル端末。

まだ、日本の技適は取得されておらずですが、以下の動きがあります。

  • Xiaomiが日本法人を設立
  • mi band3が日本語に対応開始(アップデートにて)

という動きを見せております。

 

中国通販のAliexpressでは、「http://s.click.aliexpress.com/e/bFmfPVCk」から、販売店一覧が確認出来ます。

Bandgoodさんならこちらからです。

 

それぞれの機能差を確認してみましょう

CHARGE3 Mi Band3
万歩計
心拍計
バッテリー 7日 20日間
エクササイズ
自動認識機能
睡眠データの記録 ○ 浅い・深い・レム  ○ 浅い・深い・覚醒
防水 水深50m  水深50m
アプリ 天気予報のみ
通知
GPS スマホ連携 スマホ連携
Fitbit PAY 対応予定 未対応

ということです。

バッテリーの時間が異なりすぎますけど、Mi Band3の方が、心拍数などを測定する間隔が長いためだと思います。

 

運動を促す機能の違い

Fitbitの場合、1時間に250歩あるきましょう!って言うことで、毎時50分に250歩以下ですと、通知する機能があります。

Mi Band系はデスクワークによる座りすぎの通知ということで、1時間以上座っていると、少しあるいきましょうよ!っていう通知が来ます。

 

Fitbitの場合、もう50分か!っていう時報になっちゃっていますが、Mi Bandの場合、あ!もうこんなに座り込んでいるのかって言うのが実感出来ます。

 

スマホ連携も結構細かく分析

スマホのGPSを使って運動中、細かく記録を取ってくれます。むしろ、バッテリーを消費する機能は、スマホの機能を使うので良い所取りかも?

時々心拍数が上がりすぎると、通知してくれる機能はFitbitに無い機能です。

アプリのみやすさは、Fitbitにもいいところがあるし、Mi Fitにもいいところがある。

甲乙つけがたい所があります。

 

Charge3に酸素濃度センサーがついているので、最先端のウェアラブル端末がほしい方には、Fitbitがおすすめ。

お試し気分、身につけるものなので、壊れやすいことも考慮し、消耗品的な感覚で使う人には、Miシリーズの方がいいかもですね。

 

注意点として、日本ではMi Band2しか技適が取れていません。

でも、日本語にも対応が進んでおり、今後Mi Band4などが出た時は、Xiaomi日本法人が動き出すかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください