Fitbit Blazeを3ヶ月使って気がついた残念な所

3月にアメリカで発売された時から買った、Fitbit Blazeですけど、もうすぐ自分も手にして3ヶ月経つことになります。
 
 
TODAY表示
 
自分はウェアラブル端末=Fitbitしか知らないので、他社さまの素晴らしい点も知っていません。
 
でも、Fitbit歴だけは誰にも負けない。そんな気持ちでもあります。
 
 
今回は使い始めたFitbit Blazeの残念なポイントを挙げてみたいと思います。
 
 
ポイント1)Fitbit Blazeはホコリがたまりやすいです
  
Fitbit Blazeの汚れポイント
 
何故かなのですけど、赤丸の所にホコリがたまりやすいです。
しかも、微妙な間隔が空いているのですが、ティッシュが通らなく、Fitbit Blazeを充電する時に外すタイミングで、ちょっとキレイキレイと掃除してあげないと、ホコリなのか何か汚れが貯まります。
 
 
 
ポイント2)アクティビティを記録している時何故か一時停止する事が多い
 
Fitbit Blazeの一時停止
 
さぁ~今日も歩くぞ!とウォーキングを開始する時、アクティビティを記録したいので、エクササイズ→ウォーキングへと進み、スタートします。
 
自分朝ウォーキングをしているので、寝坊対策として、ウォーキングをしている時間帯でも、アラーム(目覚まし)が動くようになっています。
ウォーキング中、目覚ましで振動するので、ボタンを押していると、そのままエクササイズが一時停止している事が多いのです。
 
もう5回くらいやっています。
一時停止にしていても、その時間はしっかり体を動かしているので、Fitbitとしては、歩数なども記録されていますけど、GPSなどは記録されないので、ここが寂しいです。
 
 
 
ポイント3)ChargeHRと比べると振動がわかりづらいです
 
Fitbit Blazeの装着
 
皆さんFitbitで目覚まし使っていますか?
腕に巻きっぱなしで寝ていて大丈夫かな?とはじめは思っていましたが、すっかり今や慣れっこ。
Fitbit のアラーム機能により、川の字で寝ている子供達にも迷惑をかけずに先に起きる事が出来ます。
でも、ChargeHRとBlazeを比べると、

Fitbit ChargeHR= 本体が分厚い
Fitbit Blaze =  本体が薄い
 
これは技術の進歩による物だと思いますけど、双方のバイブの揺れ方が違うのです。
薄くなった分、揺れが小さいのですよね。
 
Fitbit Blazeのバイブは気がつかない事があります。
充電の為やウォーキングをお休みする日は、Fitbit ChargeHRで寝ているのですけど、Fitbit ChargeHRの振動はぶるって振動しただけで、目が覚めますね。 

これは正直好みかもしれません。
 
 
 
ということで、Fitbit ChargeHRからFitbit Blazeに変えて、気がついた残念な点3点を上げてみました。
 
もちろんこの残念な点のおかげで、Fitbitが要らないと思う事は全くなく、ほかには、まだ使いこなせていませんが、満足する点が大変多いです。