Fitbitのライバル LG Watch Sport にちょっと危機感

先日Googleから発表されましたAndroid版のスマートウオッチ向けOSのAndroid Wearがバージョンアップをしまして、Android Wear 2.0となりました。
 
 

 
Android Wear 2.0の発表と合わせて、共同開発した「LG Watch Sport」と「LG Watch Style」が発売を開始しました。
 
主な機能としては

単独にて
・GPS
・TEL/3G通信
・心拍センサー

としまして、いわゆるFitbitが育ててきたウェアラブル端末の息を一気に吐出した感じもあります。
単独でのLTE通信とか、もう逆にスマートフォンが要らないんじゃないか?ってね。
 
 
日本ではあまり利用されていませんが、Android PAYにも対応していて、腕時計だけでお買い物ができちゃうんですからね。

そう考えると、かなりFitbitにも境地に立たされそうなスマートウオッチです。
 
 
Android公式のスマートウオッチ向けOSなので、スマートフォンやGoogle系サービスとの連携が素晴らしい端末ですもんね。

通知やアラーム関係も便利そうです。

 
Fitbitさんも是非Android Wear 2.0ベースの端末開発やGoogle Fitとの連携も考えてほしいなと…。

昔日本のガラケーが世界で売れず、結局スマートフォンブームに一気にやられてしまったように、Fitbit独自のやり方がどこまで続くのか、ある意味不安を感じつつも、ライバルが同じウェアラブル端末メーカーから、スマートフォンメーカーに変わりつつある、ウェアラブル端末業界ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です