HUAWEI WATCH 2はFitbitを超えているのか?

近年スマートフォンメーカーが、ウェアラブル端末を開発する事も珍しくなく、アップルウォッチにつづいて、HUAWEIのウェアラブル端末が、すこぶる進化をしてきております。
 
いよいよHUAWEI WATCH 2が日本でも発売を開始しましたので、どのくらいレベルなのか、確認してみたいと思います。
 
 

外見から

 

 
こちらですね。
 
ちょっとごっこい感じもしますけど、これがまたオシャンティーなスポーツウォッチでもありますよね。 

OSにAndroid Wear 2.0 を採用しておりますので、早くも多彩なアプリに対応しています。
もちろんAndroidにもiPhoneにも対応しており、HUAWEI独自のスマートウォッチでもあります。
 
 

  HUAWEI WATCH 2  Fitbit

心拍数の測定

○(最大6時間) HR系・上位機種
(Fitbitサーバ側にて長期間記録)
GPS 時計自身による即位 Surgeのみ単独・一部スマホを利用
通知機能 対応アプリのみ メール・LINEなどスマホを利用
防水  IP68 
水深1.5mで30分問題無し
シャワー・雨程度まで~Flexのみ水泳
バッテリー 2日~3週間(時計のみ) 4日~10日
睡眠の記録 アプリ次第? 自動検知
Charge2・Blazeは睡眠ステージ対応

 
こんな感じでしょうか?
 
 
こうやって見ると、Fitbitの方がウェアラブル端末としての、幅広い対応が凄いですね。
 
その点、スマートフォンメーカーが作るウェアラブル端末は、アプリを動かす為のハードが凄いボリュームなので、Fitbitの出来る事は出来るはずですが、あとはアプリ次第と言う感じです。
 
グーグルアシスタントに対応しているので、話しかける事で、時計や天気・予定まで教えてくれます。

 
 
Android Wearが増える事で、もしかしたら、もっと新しい事も出来ちゃうのかもしれませんが、Android Wearと言う市場がどこまでお大きくなるかと見込んで、参加してくれる企業次第って感じですよね。
 
そう考えると、Fitbitの方がトータル的にいいのかな?と思った次第です。 
 
 
皆さんはどちらに関心をお持ちですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です