Fitbit Blazeがアップデートで時計ディスプレイが増えていました

先日のアップデートにて、Fitbit Blazeのアップデートが色々変わっている所があります。
 
このブログでも色々お知らせしましたが、またもう1つ変わっている所がありましたので、私も気分転換に変更してみました。
 
 

 
それがですね。
 
 

いつも身につけている時に、一番に表示してくれる時計のディスプレイが従来の4種類から、12種類まで一気にふえています。
 
 

 
買ったばかりの頃は、これこれ…。
ゾーンと呼ばれる時計がメインの表示でした。
 
 
その後、ちょっとアナログチックの分数までわかる物が良かったので、フレアにしていました。
 

 
これ同時刻の歩数が多いと、円系が広がっていき、わかりやすいのです。
でも、実際問題、各時間の後半分になるとわかるだけで、前半分は意味がないですよね。
 
 
 
仕事がら秒単位の時間が知りたい事もありましてね。
 
今回はクロノグラフというモノに変更してみました。
 

 
 
このクロノグラフの欠点は、パット見た瞬間、○時○分○秒がわかりづらい所ですね。
 
でも、よく見ると…。あ~って、慣れですかね。
 
 
あと、右下のボタンをタッチすると、ストップウォッチにもなりまして、ちょっとした機能つきとなっています。
 

歩数とかの確認は、いつもTODAYメニューを開いて見ているので、時計ディスプレイのモードでは、必要無いかな?と思いつつ…。
 
Fitbit Blazeユーザーの皆さんも、是非気分転換に時計ディスプレイを模様替えしてみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です